食事ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

腹鳴恐怖症を克服するための対処法!  食事

お腹が鳴る原因を調べるよりも、まずは心を改善することが先です。
なぜなら、お腹が鳴ることに対する不安や恐怖は自分の心が作り出しているからです。
私はこの治療法で自分が作り出していた恐怖症を改善することができました。
詳しいことはこちらに書いているので興味がある方はみてください^^

【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。


腹鳴恐怖症または胃腸神経症とも呼ばれますが、お腹が空いていないのに
グウグウ鳴ってしまい、周りの人に変に思われたり、嫌な気持ちにしていないかと
不安を抱いてしまう恐怖症です。

症状としては、お腹が空いていないのにグウグウ鳴る、ガスが溜まる、というような、
お腹が鳴るということに対して過度なまでに不安や恐れを抱いてしまいます。

そのせいで、お腹が鳴る原因は空腹によるものではなく、精神的なものなのに
「またお腹が鳴ってしまうのではないか」という不安が強いために、食事の時間では
ないのに、なにか食べ物を胃にいれておかないと、不安で出かけられなくなってしまう
こともあります。

ほかにも、授業中や会議中などの、人の大勢いる静かな空間で、「お腹が鳴ってしまった
らどうしよう」とか、好きな人と遊んでいる時に「お腹が鳴ってしまって恥ずかしい」などの
ように、「お腹が鳴ることは異常なことだ!」と深く考え込んでしまい、症状が重くなると、
人と一緒にいることでさえも避けるようになってしまうようです。

この腹鳴恐怖症を克服するうえで、最も重要なことは、「お腹が鳴ることは当然のことだ」
ということを受け止めることです。

「いやいやそれができないから悩んでいるんだよ」

そうですね^^
ではこういうのはどうでしょう、「お腹が鳴らない方が異常なことだ!」と
考えてみるのです。

通常、健康な人の腹部に聴診器や耳をあてると、「グルグル」「キュルキュル」
というような「グル音」という音が鳴ります。私も今現在、鳴っています^^
逆に、この「グル音」が聞こえない人は、腸に麻痺が起こっており、正常な働きをして
いないということになるので、実は、お腹が鳴らないほうが健康的には心配なのです。

腹鳴恐怖症の人は、【お腹が鳴る】ということを特別意識していない人に比べて
お腹が鳴りやすい状態にある、ということをご存知ですか?

腹鳴恐怖症の人は、あまりにも「お腹が鳴る」ということを気にし過ぎてしまうことで
逆に、お腹が鳴ってしまうのです。
というのも、心と体は密接に繋がっており、もしかしたら身に覚えがあるかもしれませんが
「鳴らないで!」と思えば思うほどお腹が鳴ってしまったり、「緊張しないぞ!」と考える
ほど緊張してしまうものなのです。

腹鳴恐怖症の治療法とは・・・
腹鳴恐怖症を克服する方法として【エクスポージャー(暴露療法)】という方法がありますが、
この方法は苦手な状況に、少しずつ接する機会を増やして、徐々に慣らしていくことで、【お腹が鳴る】
という行為に対して「恥ずかしくない」ということを心と体に教えていく治療法です。

といっても急に接する機会を増やしてはダメです。

最初は、家族の前で「お腹が鳴っても大丈夫」という状態になり、次は友人、その次は大勢の
人の前、と少しずつステップアップしていくことが大事です。
エクスポージャーで治療するうえで、重要なのは徐々に慣らしながら克服することです。

腹鳴恐怖症は正しい治療をすることで、克服することができる病気です。あせらずに
治療していくとよいでしょう。


当サイト管理人の恐怖症克服体験談
もし、あなたの腹鳴恐怖症が自宅で薬も使わずに、
短期間で改善できるとしたら?
すでに4,627人が実践して、90%以上が改善した治療テクニックを
知りたくないですか?
私もこの治療法で恐怖症が改善できました。
その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・続きはこちら


[check] 追記
食べても満腹感を感じず、常に胃に違和感があり(胃が常にパンパンに張っている状態)
食べても2時間もすればお腹が鳴る、時には食事中に鳴ることさえある、という
ような場合、ガスの動きや蠕動運動に伴うことが原因によるもので、ガス抜き剤配合の
胃腸薬等により、胃に滞留した気泡やガスを取り除いて、不快なげっぷや胃の膨満感を
除去することで、症状が改善できる可能性があるので、一度試してみるのもいいでしょう。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く