ビジネスノウハウをみんなで自由に編集し合える!

飛行機恐怖症の症状と克服法  ビジネス

飛行機恐怖症とは、「あの脱出できない大きな物体が落ちたらどうしよう」「どうしてあんな
大きな物が飛ぶのか信じられない!」「飛行機に乗るのが怖くて考えただけで動悸がする」
というような、飛行機に乗ることに対して極度の不安感、恐怖を抱く恐怖症です。
そんな飛行機恐怖症の症状を改善することができる治療法を知っていますか?
当サイト管理人はその治療法で実際に恐怖症を改善することができました。
その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・

【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。


飛行機恐怖症の症状とは?
飛行機恐怖症の身体的な症状としては、強い動機、発汗、胃痛、腹痛、めまい、ふるえ、
などがあり、症状がひどい場合はパニック症状になってしまうこともあります。
飛行機恐怖症で悩んでいる芸能人やサッカー選手がいることを知っていますか?
あるサッカー選手は飛行機恐怖症が原因で飛行機に乗ることができなくなってしまい
母国のサッカー代表を辞退してしまった選手もいるほどです。
そんな飛行機恐怖症ですが、発症する原因は様々なようです。


[check] 2001年のアメリカ同時多発テロ事件などの飛行機事故のニュースを見たことが原因で
   強い恐怖を感じるようになった。
[check] 家族・知人が飛行機に乗った時に感じた恐怖を聞いたことが原因で怖くなった。
[check] 以前は大丈夫だったが、ある時に、乱気流に遭い死にそうな思いをしてから怖くなった。
[check] なぜ、あの巨大な鉄の塊が飛ぶのか理解できず乗る事ができない。
[check] 飛行機が飛んでしまうと空中なので故障した時に脱出することができないので怖い。

というように様々ありますが、大きな原因は「飛行機が怖い」という心の「とらわれ」
によることが考えられます。

それでは突然ですが飛行機恐怖症のあなたに質問です。

それでは質問です。
飛行機が墜落する確率はどれくらいだと思いますか?


答え・・・航空機に乗って死亡事故に遭遇する確率は0.0009%・・・だそうです。
 

アメリカ国内において自動車に乗って死亡事故に遭遇する確率は0.03%なので、その33分の1以下の確率ということになる。これは8200年間毎日無作為に選んだ航空機に乗って一度事故に遭うか遭わないかという確率である。これが「航空機は最も安全な交通手段」という説の根拠となっている。2001年9月のアメリカ同時多発テロ事件の後、アメリカ人の多くが民間航空機による移動を避けて自家用車による移動を選択したために、同年の10月から12月までのアメリカにおける自動車事故による死者の数は前年比で約1,000人増加した。(Wikipediaを引用)

このことからもわかるように飛行機は非常に安全な乗り物です。
ですが、報道などのニュースによる飛行機事故、家族・友人による恐怖体験、自身の恐怖体験
から理屈では安全とわかっていても恐怖が消えないというのが現実だと思います。

そんな飛行機恐怖症で悩んでいる人達が行っている対応策はどのようなものがあるでしょう。
私が調べた中で一番多いのは眠ることのようです。
次に飛行機から気をそらす為に、別の事に集中するというもので、雑誌を見る、映画を見る、
音楽を聴く、という対応策をしているようです。


飛行機恐怖症の治療法とは・・・
飛行機恐怖症を克服する方法として【エクスポージャー(暴露療法)】という方法が
ありますが、この方法は苦手な状況に、少しずつ接する機会を増やして、徐々に慣らして
いくことで、【飛行機が怖い】という心の「とらわれ」を「飛行機は安全で怖くない」と
いうように修正していく方法です。

注意が必要なのは、あせって克服しようとするあまり、急に接する機会を増やしてはいけません。
重要なのは徐々に慣らしながら克服することです。

もし、必要ならば、安定剤などの薬で気持ちを落ち着かせて、徐々に慣らしていくのも
いい方法かもしれません。

飛行機恐怖症は正しい治療をすることで、克服することができる病気です。
あせらずに少しずつ治療していくとよいでしょう。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く