アート・エンターテイメントノウハウをみんなで自由に編集し合える!

嘔吐恐怖症を克服するための治療法とは!  アート・エンターテイメント

嘔吐恐怖症とは、自分が嘔吐するのが怖い、人が嘔吐するのを見るのが怖い、吐きそうな人
を見ると逃げてしまう、などのような【嘔吐】という行為に対して極度の不安や恐怖を抱く
症状になります。
その嘔吐に対する恐怖を軽減することができる治療法を知っていますか?
管理人はその治療法で実際に恐怖症を改善することができました。
その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・

【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。

嘔吐恐怖症の症状について
嘔吐恐怖症の身体的な症状としては、手先のしびれ、頭痛、腹痛、パニック症状、動悸、
血の気が引く、震え、吐き気、など様々な辛い症状があります。

嘔吐恐怖症になってしまう原因は様々で、母親が嘔吐しているのを見た、幼い頃に【周期性嘔吐症】
だった、幼い頃に大量に嘔吐した経験がある、など過去のトラウマが原因になることが多いようです。

たとえば・・・


[check] 幼い頃に、いつもしっかりしている母親が、台所で嘔吐しているのを目撃し、
その時の母親があまりにも辛そうだったのを見て、嘔吐することに対して異常なまでの
不安を感じるようになった。

[check] 幼い頃に、父親がお酒を飲んで嘔吐していたのを見て、非常に嫌な気持ちになり
嘔吐することや、嘔吐する行為を見ることに対して不安を感じるようになった。

[check] 幼い頃に、車酔いが原因で何度も大量に嘔吐し、あまりにも辛かったので【嘔吐】
という行為に異常なほど恐怖を感じるようになった。

[check] 人が嘔吐している場面や、嘔吐しそうな人を見ると怖くてその場から逃げてしまう。
そのために、周りの人から薄情物と思われてしまい、外食を避けるようになっしまった。

[check] 幼い頃の嘔吐が原因で、吐くことに対して極度の不安を感じるようになり、それ以降
嘔吐することができなくなり、我慢をしすぎて顔面蒼白になったり、パニック症状を起こす
ようになってしまった。


というように原因は様々ですが、過去に体験した嫌な思い出がトラウマになることが
多いのが特徴で、その中でも、ほとんどの場合は、幼い頃の辛い体験がトラウマと
なっているようです。

そうした様々なことが原因でなってしまう嘔吐恐怖症ですが、非常に辛い恐怖症で、
社会生活にも大きな支障をきたしているケースも多いようです。


[check] 好きな人が出来て家に招待されたが、「吐いてしまったらどうしよう」と考えて
しまい、食事がほとんど食べることができず、相手方の親に嫌なことを言われた。

[check] 本当は、友人と飲み会や食事に行きたいが、自分が吐いたり、人が吐く姿を見るの
が怖いので、避けるようにしていたら、誘われなくなってしまった。

[check] 結婚して子供が欲しいが「つわり」が原因で嘔吐することに恐怖を感じて結婚も
子供も作ることができず悩んでいる。

[check] 自分の子供が病気で吐いている時に、恐怖で逃げてしまい、どうしようもない
自己嫌悪に陥ってしまう。


社会生活をするうえで、他人や家族と食事をすることは、なかなか避けることができない
生活の一部なので、「嘔吐恐怖症を早く治さないといけない!」とあせってしまい、無理をすることで
さらに症状が悪化してしまうケースがあります。

嘔吐恐怖症の治療法とは・・・
嘔吐恐怖症を克服する方法として【エクスポージャー(暴露療法)】という方法がありますが、
この方法は苦手な状況に、少しずつ接する機会を増やして、徐々に慣らしていくことで、【嘔吐】
という行為に対して「本当は恐怖はない」ということを心と体に教えていく治療法です。

注意が必要なのは、あせって克服しようとするあまり、急に接する機会を増やしてはいけません。
重要なのは徐々に慣らしながら克服することです。

恐怖症は正しい治療をすることで、克服することができる病気です。あせらずに
少しずつ治療していくとよいでしょう。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く