教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

犬恐怖症の症状と克服法を徹底解説!  教育

私は何を隠そう、犬恐怖症です。
詳しくは『【限定公開】恐怖症克服ガイド』という別サイトにて書いているのですが
幼い頃のトラウマが原因で犬恐怖症になってしまったのです。
実際に私も犬恐怖症で非常に苦しい経験をしてきました。
ところがある治療法を試したところ、長年苦しんでいた犬恐怖症を
短期間で改善することができたのです。
その治療法は『自宅で薬を飲むこともなく恐怖症の症状を改善する』
というコンセプトの治療法ですが・・・

【1日5分で恐怖症を克服する方法】はこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=250591&iid=36675

恐怖症をどうしても治したいという【【強い意志】】を持った方におすすめです。

犬恐怖症とは・・・
私の犬恐怖症の症状で一番面倒なのは、気持ち的には大丈夫と言い聞かせていても
体が硬直してしまいひるんでしまうことです。

その他にも、鳴き声の種類によっては、頭の奥まで響いてくるような感覚があり
その鳴き声を聞いたときは胸が締めつけらる感覚が襲ってきます。

なぜなのかはわかりません。

それが恐怖症というものです。

わかりませんといっても、ある物質が脳内で発生して症状がでることは
わかるのですが、それが無意識でなってしまうから恐怖症は厄介ですね。

ちなみに私が犬恐怖症になってしまった経緯はというと・・・

幼い頃はいつも兄と遊んでいました。
その日も、いつものように楽しく遊んでいたのですが恐怖は突然襲ってきたのです。

遠くのほうで声が聞こえて振り返ると私達のほうに向かって
コリー犬が向かってきているのです。
兄は自転車に逃げて私を呼んでいたのですが、パニックになってしまった私は
いつもはあがれる土手が上がれずにそのまま後ろから背中を噛まれてしまいました。

そして、気を失い・・・目が覚める病院のベットにいたのです。

今考えても恐ろしい出来事でした。
私の人生で気を失ったのはその時だけですね。
当時、4歳だった私にはコリー犬が大型犬でしたからね。

まあ、そんな体験から私は犬恐怖症と長い期間付き合うことになるのですが
私のほかにも、似たような体験がトラウマとなり犬恐怖症になっている人は
多くいるでしょうね。
現在はというと、ある【恐怖症克服マニュアル】と出会い、実践することで
犬恐怖症は改善することができましたが、本当に恐怖症は嫌な病気ですね。

まあ、恐怖症を知らない人は病気とも思わずに当たり前のように感じているかもしれませんが・・・
もっと多くの人たちに恐怖症について理解と共感をしてもらい
恐怖症で悩んでいる人たちの症状が改善されることを願うばかりです

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く