食事ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

社内のうつ病対策が必要な理由 食事


社内のうつ病対策が必要な理由

現在多くの会社でうつ病、適応障害、パニック障害、自律神経失調症等による労働力の低下が問題になっております。

うつ病になると、注意力が低下することから仕事のミスが増えたり、作業効率が極端に落ちたりします。

1人分の労働力が0.3人分にしかならないことさえあります。

社内でうつ病が出ると労働力が会社全体で低下する
しかし、社内のうつ病問題に関してはそれだけでは終わりません。

ひとりのうつ病は、個人の労働力の低下からチーム全体の労働力の低下に広がっていきます。

何故ならミスをすれば、それをフォローしなければなりません。

うつ病の方は注意力が低下していますので、本人はフォローが出来ない状態になっていることが多く、他の従業員がフォローしなくてはならない可能性が高くなります。

ただでさえ忙しい業務の中、他人の仕事のフォローまでしなくてはならない従業員は過密労働からストレスが多くなります。

また、うつ病が酷くなり欠勤や休職する従業員がいると、その分、他の従業員に負担がかかり、他の従業員まで過労からうつ病になる危険性が高まります。


  • 会社でのうつは個人の問題では済まされない...


するとチーム全体・部署全体の労働力の低下が起こるのです。

うつ病による会社にかかる負担
こうしてうつ病は、個人の労働力の低下から、チーム・部署全体の労働力の低下へと広がってしまうのです。

また、うつ病などを患った従業員が「私がうつ病になったのは会社のせいだ!」と会社を訴えたりすると、会社は大混乱に陥ってしまいます。
(外部の労働組合などを通して裁判を起こすケースもあります)。

こうなると、チームの労働力の低下は会社全体の労働力の低下へと広がっていきます。

何故なら一度裁判にまでなりますと、裁判のために費やされる費用や労力は膨大なものとなるからです。

裁判の結果に関わらず、裁判をする際の会社にかかる負担は以下の5つつがあるのです。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く