アート・エンターテイメントノウハウをみんなで自由に編集し合える!

簡単にiPhoneからiTunesへ音楽ファイルを逆転送方法 アート・エンターテイメント

我が家の話なんですが、主人が以前使っていたPCが壊れてしまい、もうずいぶん使ってたから寿命だね、とさっさと処分してしまったことがありました。処分してから気付いたのですが、主人の使っているiPhoneはそのPCのiTunesと同期させていたため、『君のPCのiTunesと同期させると、俺のiPhoneに入っている曲が消える!』と、わたしのPCのiTunesと同期させるのをものすごく拒んでいました。主人のiPhoneには2000曲近い音楽が入っていたので、それが消えるのがどうしても嫌だったようです。
もし、iPhoneから自由に音楽ファイルを取り出すことが出来たら、ものすごく便利だと思いませんか?そして、そのファイルをiTunesに転送できたら…もしそんな方法があれば、主人のiPhoneから音楽ファイルを抜き出してiTunesに転送することが出来るのに。そうすれば、わたしのPCと主人のiPhoneを同期させても困ることは無くなるのに…。
iPhoneから音楽ファイルを取り出す為のソフトはいくつか存在します。しかし、どれも専門的な知識が必要そうで、なんだか難しそう…。そう考えてしまって、何だか手をつけにくいなぁと感じている方は、きっと多くいらっしゃることでしょう。そんな方々にオススメのソフトが『TunesGo』!このソフトなら簡単な操作でiPhoneから音楽ファイルを取り出し、iTunesへ逆転送することが出来ます!
http://www.wondershare.jp/win/mobilego-ios-manager.html
ステップ1:『TunesGo』をインストール
インストールが完了したら、『Wondershare TunesGo』というアイコンをダブルクリックしてソフトを立ち上げます。次に、iPhoneとPCをUSBケーブルを使って接続しましょう。


ステップ2:『iTunesに音楽を転送』をクリック
『TunesGo』がiPhoneを認識すると、画面には接続されたiPhoneの情報が表示されます。この画面の下部にある『iTunesに音楽を転送』をクリックしましょう。すると、『iDeviceからiTunesに転送』という画面が表示されます。この画面にある『開始』をクリックしましょう。『TunesGo』が、iPhoneにある転送できるファイルの診断を始めます。


ステップ3:転送したい項目を選んで『iTunesに転送』をクリック
診断が完了すると、『TunesGo』の画面には、転送できるファイル種類の項目が表示されます。この中からiTunesに転送したい項目を選択しましょう。転送する必要のない項目は、チェックを外します。選択が完了したら、『iTunesに転送』をクリックします。すると、『TunesGo』がファイルの転送を開始します。転送完了まで少しだけ待ちましょう。
ステップ4:転送が完了したら『OK』をクリック


今まで使っていたiTunesが利用出来なくなってしまったときは、『TunesGo』を使ってiPhone内のデータをiTunesに逆転送してしまえば、同期するときにデータが消えなくなるので便利です。その他にも、例えば友人のiPhoneに入っているステキな曲を自分のiTunesに転送する、なんていう活用方法もあります。もちろん、iPhoneだけでなく、iPadやiPodに対しても同じように使うことが出来ます。
それだけではありません!なんと『TunesGo』なら直接iPhoneからiPhoneへ音楽ファイルを転送する事も出来るんです。
『TunesGo』は操作が簡単で誰にでもわかりやすいソフトですから、iPhone初心者の方や、これからiPhone・iTunesを使いこなしていきたい!と思っている方にはとてもオススメです。このソフトを買おうかどうか悩んでいる方は、まずは無料体験版を試してみてはいかがでしょうか?
http://www.wondershare.jp/win/mobilego-ios-manager.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く