健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

統合失調症の原因と治し方 健康

僕が統合失調症になったのは、振り返ると恐らく、
・ストレス
・睡眠不足
・暴飲暴食(ハンバーガーや甘いものばかりたくさん食べていた)
事が原因だったと思います。
ここからは、アドレノクロムで検索してヒットしたページを参考にしたりして書きます。
今の日本の精神医学の通説では、脳の中の情報伝達物質であるドーパミンの分泌異常によって、引き起こされていると言われています。
確実に統合失調症を改善できる方法はコチラ
⇒ http://oyako.biz/fc2_knowhow/himago/tougousicchou/

このため、治療方法はドーパミンの分泌を抑える薬物治療が中心となっています。
しかし、この抗精神病薬は副作用が強く、体がこわばったり、目が上転したり等のパーキンソン症状を起こし、その副作用を抑えるために、また別の薬を服用したりもします。
また、やる気が出ない、だるい、頭がぼーっとする、強い眠気、感情の平板化、喜怒哀楽の欠如、頭が働かない、記憶力の低下等も、陰性症状だと言われていますが、僕は薬の副作用だと思っています。
そのため、現在の投薬治療では、日常生活がうまく営めず、人とのコミュニケーションや交流もしにくくなったり、時には、逆に医原性の精神疾患を起こす場合もあるし、薬は全て基本的に毒なので、健康そのものを害します。
そこで、精神疾患の完治に効果を挙げている別の治療方法を紹介させて下さい。
「分子整合療法(オーソモレキュラー療法)」です。
確実に統合失調症を改善できる方法はコチラ
⇒ http://oyako.biz/fc2_knowhow/himago/tougousicchou/
日本の精神医学界では異端視されていて、ほとんどまだ知られていませんが、米国ではすでに1950年代後半から、エブラム・ホッファー博士などの賢明な医学者によって試されてきたもので、当時は相手にもされなかった治療法ですが、現在では、日本においても一部の医師や病院が取り組んでいます。
この考え方は、精神疾患の患者がメスカリンなどの幻覚物質の服用者と同じような幻覚、幻聴、妄想等の症状であることに目を付け、体内で患者が何らかの幻覚物質を作り出しているのではないかという仮説を立てたことに始まっています。
その幻覚物質が「アドレノクロム」です。
アドレノクロムはアドレナリンの酸化物質です。
人間や動物が緊張すると、危険に備えるためにアドレナリンが血液中に分泌されます。
通常、緊張が解かれるとアドレナリンは分解されますが、緊張が続くとアドレナリンが分泌され続け、それが酸化してアドレノクロムに変わってしまいます。
それが一定の量を超えると、幻覚症状を生み出すというものです。
この考え方に基づき、生まれたのが分子整合療法(栄養療法)です。
この療法の特徴は、アドレノクロムの体内生成を抑制させようとするもので、それを可能にするのがナイアシン(ビタミンB3)とアスコルビン酸(ビタミンC)などの抗酸化物質です。

確実に統合失調症を改善できる方法はコチラ
⇒ http://oyako.biz/fc2_knowhow/himago/tougousicchou/
アドレナリンの前駆物質であるノルアドレナリンはメチル受容体で、メチル供給体からメチル群を拾い上げてアドレナリンに変化します。
このアドレナリン生成を抑制するのがナイアシンで、ナイアシンがノルアドレナリンの変わりにメチル群を拾い上げて、アドレナリンの形成を阻止します。
アスコルビン酸はアドレナリンの酸化作用を防ぎます。
ノルアドレナリンからアドレナリン生成の防止、アドレナリンからアドレノクロムの生成防止という、二重の防止策によって治療を施す、分子レベルでの治療法です。
ノルアドレナリンの前駆物質がドーパミンで、抗精神病薬はこのドーパミンの受容を抑える役割を果たしています。
なので、アドレノクロム説はドーパミン説を否定するものではなく、ドーパミン説を補完する重要な学説です。
快の感情、意欲、学習に関わる重要なドーパミンを抑えてしまう心配もないので、安心です。
しかし、今の精神医学界は、このアドレノクロム説に対して理解を示そうとはしないし、分子整合療法を認めようとはしません。
それは、医薬業界の利益と大きく関係しているからだそうです。
確実に統合失調症を改善できる方法はコチラ
⇒ http://oyako.biz/fc2_knowhow/himago/tougousicchou/
分子整合療法の治療は、食事の改善とナイアシンやアスコルビン酸、ミネラル等のサプリメントの服用が中心です。
製薬会社としては、特許を取れる抗精神薬の開発が莫大な利益につながり、サプリメントの製造・販売など大した利益にはならないそうで、そこに、分子整合療法が大きく認められない理由があるそうです。
現代人の食事は、農薬や化学肥料、食品添加物によって、栄養価が極めて低くなっている一方、カロリーだけは高くなっています。
分子整合療法の基本は食事の改善で、ビタミンB群やミネラルを豊富に含む無農薬、有機栽培による玄米、野菜、タンパク質を中心とした食事にさせ、糖分を極力抑制させます。
その一方で、1日の上限摂取許容量を大きく超えるサプリメントを服用させます。
サプリメントは、栄養補助食品であり、副作用は少なく、特にビタミンB群やビタミンCは水溶性なので、多少多く服用しても、汗や尿として余分な分は体外に排出されますので、問題はないです。
ビタミンAやEは脂溶性なので、摂り過ぎには注意は必要ですが。
ストレスが生じれば体内でアドレナリンが生成されますので、ストレスを少なくすることも大切ですが、それ以上にストレスがあっても体内でのアドレノクロム生成を抑制できる身体作りが重要です。
以上、統合失調症の原因と治し方でした。
確実に統合失調症を改善できる方法はコチラ
⇒ http://oyako.biz/fc2_knowhow/himago/tougousicchou/
長々と読んで頂き、ありがとうございます。
このような、栄養療法を行っているクリニック等に受診すれば、症状の改善はもちろん、今、投薬治療中の方も、安全に断薬まで持っていってくれます。
また、ご自身で食生活、生活習慣の改善をするだけでも、幻覚、幻聴、妄想などの症状は良くなってくると思います。
理想の食生活、生活習慣について、
僕のページの別の
「病気にならず、健康で若々しく長生きするための、美容にも良い食生活、生活習慣」という題名の知恵ノートに、簡単に書いてありますので、よろしければ、そちらも参考になさってみて下さい♪
病気で苦しんで、日常生活もままならず、働けないような方々が、健康を取り戻し、社会に貢献するようになって下さる事で、社会が良くなり、僕自身も得するかな〜なんて事を期待して、書かせて頂きました♪
僕ももちろん、、頑張りますので、一緒に頑張りましょう♪
確実に統合失調症を改善できる方法はコチラ
⇒ http://oyako.biz/fc2_knowhow/himago/tougousicchou/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く