教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

離婚で得をする方法 慰謝料・財産分与・養育費を有利に勧める方法 教育

離婚を考えた時にしなければいけない事は、慰謝料・財産をどうするかでしょう。
今まで一緒に生活をしてきた家や、車、保険など、夫婦の財産は多くあるものです。
もちろん、子供の事も考えなくてはいけません。
離婚はそういう事をしっかりしておかなければ、後々後悔するのはあなたなのです。
離婚とはそういう面倒くさいものなのです。
一刻も早く離婚したい…という方、ちょっと待ってください。。
そこで別れる際、これだけは知っておいてほしい、お金関連豆知識をまとめました。

1. 慰謝料 詳しくはこちら
参考サイト http://rikon3372.kage-tora.com/

結婚中に受けた苦痛に対する損害賠償です。相場みたいなものは特にはないようです。
忘れてならないのは、請求可能な期間は、「不法行為(浮気、暴力など、あなたに苦痛をもたらした行為)」
から3年以内ということです。うじうじ悩んでいると、取りそこないますので注意が必要です。

2. 財産分与

財産分与とは、結婚中に築いた、貯金や不動産・家具などの財産を分けること。
注目すべき点をまとめてみました。。
請求可能な期間
請求可能なのは、離婚が成立してから2年以内です!。
請求可能な側
離婚原因がある側からも請求できます!逆に、ダンナに非がある場合でも、きちんと財産は分けなければいけないのです。
不動産に関して
不動産は、二つに分けて…というわけにもいかないので、売却してお金で分けることになるかと思います。
不動産鑑定士に頼んで鑑定してもらえば、正確な数字がでますが、鑑定に要する費用は正直いたいです。
離婚関連に詳しい不動産会社さんに頼むのも手です。以下のサイトを参考にしてみてください。

慰謝料 財産分与のポイントまとめ。
参考サイト http://rikon3372.kage-tora.com/
1 財産分与の家電製品や家具などは、事前にチェックしてその後の交渉をスムーズに。
2 保険や貯金の名義の問題は重要。ヘソクリも大事。
3 学資保険の名義変更はトラブルが多い。早めに手をうとう。
4 所得税を低く押さえることはかなり重要。
5 離婚の時期は年を越さない。
6 夫にはよけいなことは教えない。

3.養育費

どちらに親権があるかは関係なく、両親の資力に応じて分担する義務があります。
これは温情ではなく義務です。
養育費の請求をしないと約束していた場合でも、その後の経済状況の変化により必要になったときは、相手方に
請求ができます。
が、必ずしも認められるわけではありませんので、
どんなに早く離婚したくても、養育費の話だけはきっちりつけておきましょう。

養育費について話し合うときの心構えポイントまとめ。
参考サイト http://rikon3372.kage-tora.com/

1  感情的にならないこと。罵り合いや、一方的に押しつけるようなモノではない。
2  夫婦間の摩擦とは問題が違うことを前提として、誠意を持って話し合う。
3  相手が感情的になっても、ぐっとこらえて、冷静に。こっちが大人(または女優)になる。
4  父親としての良心に訴える。
5  相手の生活を圧迫するような法外な値段はダメ。相手の収入に対してムリのない額。
6  たとえもめていても、相手が父親としての良心や責任を考える瞬間はたぶんある。そこを見逃さない。
7  長引かない方がよい。。
8  口約束はダメ。必ず公正証書を作るか、二人で話しが着かないときは調停・家裁で決める。
9  当てにしない。
10 本を調べたり、役所の無料法律相談を受けてみるとか、事前準備を怠らない。

4.相談窓口

離婚に関して、公共・民間を問わず相談窓口が多数存在します。まずは専門家に話を聞いてもらえば、有益なアドバイスがもらえるだけでなく、自分の頭と感情を整理することで「とりっぱぐれ」を防げます。

参考サイト http://rikon3372.kage-tora.com/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く