アート・エンターテイメントノウハウをみんなで自由に編集し合える!

[ハウツー] フラッシュについて。 アート・エンターテイメント


今日は以前質問していただきました『フラッシュ』について書かせていただきたいと思います。
知っている人は華麗にスルーしてくださいね(

  • ゝω・*)b

デジイチには内蔵フラッシュが付いていますが、ちょっとこのフラッシュでは出来ないことが多すぎるので私は『スピードライト 580EX II』というものを使っています。
キスX3のボディには大きすぎますが、大は小を兼ねるということで愛用しています。

上のカピバラさんの写真は夜カーテンを閉め切った室内で、室内灯の明かりで撮影しています。
(ISO100)
カピバラさんの色がキレイに出ていることが解ると思います。





これは内蔵フラッシュを焚いて撮影したものです。
なんかカピバラさんが白飛びしていて、いかにもフラッシュを焚いた〜!!って感じの写真になってしまいます。
私はこの『いかにもフラッシュを焚いた』という写真が苦手で、外付けのスピードライトを買うことを決意しました。




ちなみにこれは外付けフラッシュを直当てした写真です。
上記の写真同様、いかにも〜という感じです。





最後は外付けフラッシュのヘッドを天井等に向けて発光させる『バウンズ撮影』です。
どうでしょうか?
上の写真と同じ外付けフラッシュを使っているのですが、バウンズさせることによって光がやわらかくなりカピバラさんも自然な感じで写っています。




並べるとこんな感じです。
一番自然に映るのは?ですが、これは被写体が動かない上に三脚で固定して撮影した結果なので同じ条件で被写体が動くモノだったらシャッタースピードが遅くなり、ブレ写真が出来あがってしまいます。





ちなみにちょっと条件は変わってきますが、この写真は夕方にノーフラッシュで動き回るワンズを撮影したものです。
夕方ということでかなり暗くなっておりシャッタースピードが遅くなってしまった結果です。
かなり残念な感じです(。・ω・`)





これはカーテンを閉めた室内で外付けフラッシュを天井に向けて発光したバウンズ撮影です。
フラッシュのおかげで光量を稼げた結果、シャッタースピードが短くなりブレずに撮影することができます。
ワンズの生き生きとした表情が撮れました(
  • ´ω`*)






ちなみにこれはフラッシュと仲良くなれなかったパターンです。
私はバウンズ撮影をする時はMモードでシャッタースピードを1/125前後で固定するため、フラッシュが発光しなかった場合こんな残念な感じになります。



こんな感じで外付けフラッシュは光量を稼げるのでシャッタースピードを短くしたり、バウンズ撮影で自然な光を演出してくれたりするのでかなり重宝しています。
580EX?がない時は暗い結婚式会場ではブレ写真を量産してしまっていたのですが、この580EX?のおかげでかなりブレ写真が減りました。
そして上記のとおり、ワンズを撮る時にも重宝しています。
これは内蔵フラッシュじゃ出来ないんです。
スピードライトは買って大正解なアクセサリーでしたΣd(・ω・´。)
今は光量の調節でどのように写真が変わるのは勉強中です!
もっと580EX?と仲良くなりたいです(๑→ܫ←人→ܫ←๑)

今回の内容はすべて私の独学の上での情報なので、間違っている処やもっといい方法もあると思いますがその際はご了承くださいΣ(ノ∀`

  • )

カメラを始めて間もない方達に少しでも参考になれば嬉しいです(

  • ´ω`*)




おまけ。


リアルカピバラ。
ぬいぐるみの方がかわいい〜(。・ε・。)




http://3dot14.blog70.fc2.com/blog-entry-192.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く