家族ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

楽しく安全な食事の方法:食事の介助 家族

【食事の介助】

私たちは、食べることって、楽しみですよね〜。

だけど、高齢者の方は、必ずしも「楽しみ」では、ないんですよね。

もちろん、楽しみな方もたくさんいらっしゃいましが、
年齢と共に、食が細くなったり、身体的な理由から、食欲が低下して、

「低栄養」に陥っていらっしゃる方も、少なくないんです。

高齢者の方の食事を、安全に行う方法を考えてみましょう。

[介助までの事前チェック]

介助を行うまでに、担当する高齢者の方の情報を、チェックします。

◎既往歴
  例)・高血圧→塩分制限は、ある?なし?
    ・高血圧→グレープフルーツの摂取は、可?不可?
    ・心疾患→水分制限
                など

◎身体状態
  食べ物の飲み込みの程度
   例)普通食、ミキサー食、きざみ食 など

◎食事の自立度
  例)・自立されている…箸、スプーン、フォーク、
    ・一部介助をする…どの程度介助するか?
    ・全て介助をする

◎食事の場所
  例)・ベット上
    ・食卓

◎食事の姿勢
  例)・ベッド上…背もたれは、どこまで上げることができるか?
    ・座ることができる…車いす?食卓?

◎食事制限の有無


〜ベッド上で介助を行う事を想定〜

[準備物]
 ・食事前 手拭き用のタオル
 ・オーバーテーブル(参照:【介護用のベッド使用時には…】) 
 ・食事
 ・箸、スプーンなど
 ・飲み物(お茶など) 
 ・エプロン
 ・台ふきん
 ・その他 必要に応じて準備



[大切なこと]
お食事は、麻痺や箸の上げ下ろしが、思うように出来ない方なども、
ご自分で召し上がる方が、絶対においしいのです!
ですので、できる限りご自分でできることは、していただきましょう。

特に、ホームヘルパーさんにお願いです!
ヘルパーさんの大原則は
「利用者様が、出来ない事をお手伝いする」と、いうのがお仕事です。
利用者さんが、出来ることをやっていただくのも、
ヘルパーさんの大切なお仕事ですし、食事を摂る動作は、
日常生活上のリハビリにもなります。
手を出さず、見守る事も大切なお仕事です。
(私もついつい、すぐ手を出して介助してしまうんですよね…反省)


[手 順]
?声をかけ、今から食事を摂っていただく事を伝える

?ベッドの 背もたれ と 足元 を上げる
 この時、高齢者の方の身体状態を見ながら「背もたれ」を上げる。
 また、背もたれだけを上げると、お尻がずり下がり、
 床ずれを作る可能性が出るので、足元も様子を見ながら上げる。

?手を拭き、エプロンなどをつける

?一口水分(お茶など)を召し上がってもらう
 水分を一口召し上がる事で、喉を潤し、唾液の分泌を促し、
 そして、喉の反射に刺激を与えます。

?箸などを持っていただき、食事を召し上がっていただく
 麻痺などがある方の、介助にあたる時は、
 「麻痺のある側」に、ヘルパーさんが、いるようにしてくださいね。

?食事のペースなどを見て、召し上がっていないようなものがあれば、
 声をかけて召し上がっていただく
 ・あまり好まれないものは、箸をつけられない事もあります。
 ・目の状態(半側空間無視など)によっては、食器が視界に入らない場合
  もありますので、食器を動かすなどをして、配慮しま

?食事が終わったら、最後に一口お茶など水分を摂っていただく


?後片付け

?必要に応じて服薬の手伝い
 《ホームヘルパーさんへの注意》
  服薬介助は、医療行為にあたります。
  指示もなく、ヘルパーさんの判断で、服薬は行わないでくださいね。
  服薬のお手伝いをする場合は、必ず事務所の指示がありますし、
  指示がなく、利用者さんからの依頼があった場合は、
  すぐにお手伝いをするのではなく、
  所属しているヘルパーステーションで確認してから、服薬のお手伝いをしてください。

[注 意]
・食事前に、むせ込みや、食べ物がのどに詰まらない様な姿勢を取って頂く。
 座ることが出来ない方は、背中にクッションなどをあてる。

・食事中にむせ込みなどがないか、注意をする。
 むせ込まれた時は、背中をさすって様子を観察して下さい。

・食事中、万が一むせ込まれた時は、すばやく
 喉に詰まっているものを、取り除くよう(異物除去)にしてください。
 取り除く方法として、「背部叩打法※1」や「ハイムリック法※2」などがあります。

※1)背部叩打法(はいぶこうだほう)
 肩甲骨(けんこうこつ)の間を、強く数回叩いて、気管内の異物を取り除く方法。
 成人や高齢者では椅子の背もたれを利用したり、子どもでは介護者の
 大腿や膝を利用するなどして「前屈姿勢」をとらせ、行います。
※2)ハイムリック法
 喉に詰まらせた人を、後ろから抱きかかる。
 そして、片手で握りこぶしを作り、みぞおちに当てます。
 そのこぶしを片方の手で握り、胃のあたりを下から上に向かって
 圧迫するように押し上げます。
 ハイムリック法は、意識のない人や、妊婦、乳児に対しては行ってはいけません。

※1・2)は、最寄りの消防署などで「応急手当講習」で、勉強する事が出来ます。
 また、その講習では、心肺蘇生法なども、学ぶことが出来ます。
 ご参考に、同ブログ【緊急時の対応:心肺蘇生法】を、ご覧ください。

・食事量や、食事にかかる時間、どんなもので、むせ込みなどがあるかを観察する。

・逆流などを防ぐために、食後「約30分」は、座っている姿勢を保ってもらいます。

・食事は「楽しみの時間」として、適度な会話をしながら、お食事を摂って頂いて下さい。
 しかし、口の中にものが入っている時は、話しかけないでくださいね。


引用元:http://fukushibito.blog54.fc2.com/blog-entry-100.html


また、コチラの情報もおすすめです。

http://bit.ly/2dI2iQV
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く