ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

博多の屋台で、ぼったくり被害にあわないための7つの方法 

博多の屋台で、ぼったくり被害にあわないための、7つの方法を紹介する。

1、博多生まれ博多育ちで、博多弁を流暢にあやつる生粋の博多っ子と、その人の馴染みの店に行く。
地元の人の馴染みの店なら、ぼったくりにくい。
2、価格表示のない商品を、注文する際には、必ず価格を聞いてから、注文する。
時価、あるいは、価格表示のない商品は、ぼったくりやすい。
3、ブログに載せるからと言って、注文した飲食物のすべてを撮影する。
証拠となるので、ぼったくりにくい。
4、注文したら、そのたびごとに、メモ用紙に、商品名と金額をメモする。
金にうるさい客は、ぼったくりにくい。
5、酒を飲まない。複数で行く場合には、必ず誰か1人は、ノンアルコール。
しらふの客は、ぼったくりにくい。
6、一軒の店では、一つの商品のみ注文し、追加注文をしない。ラーメンとかは、トッピングせず、替え玉をしない。
合計金額を計算しやすい場合には、ぼったくりにくい。博多ラーメンといえば、替え玉だが、ここは、がまんだ。
7、屋台で飲食しない。
これが最善の方法だ。7割の店が、モラルが低いというデータがある。モラルの高い3割の店を見つけるのは容易ではない。

博多屋台、7割が指導要綱違反

まずは、博多の屋台では、観光客は、ぼったくられる可能性があることを、頭に入れておこう。というか、地元の人は、あまり屋台で飲食しないという話もある。
とはいえ、大金を請求されるぼったくりは、少ない。ほとんどの店は、”プチぼった”だ。大金を請求されることはないが、相場よりは、高い金額を払わされることになる。
優良店とぼったくり店に関する情報はないのかと、聞かれるが、どうもそうではないらしい。
つまり、客の顔を見て、ぼったくるのだ。
地元の客にとっては優良店でも、観光客にとっては、ぼったくり店ということがある。
実は、福岡市の屋台は、遵法精神に乏しい店がきわめて多い。
例えば、読売新聞の記事によると、福岡市の屋台営業に関するルール「福岡市屋台指導要綱」を、7割が違反している。
読売新聞(2011/11/4)から記事を引用する。

「従業員の意識低い」福岡市の屋台、7割が違反 福岡市の屋台の7割以上の店で、市屋台指導要綱で定めた設営開始時間と屋台の大きさが守られていないことが市の実態調査で分かった。


読売新聞の記事は、リンク切れで、読めなくなってしまったので、ログ速を紹介する。
 ↓
「従業員の意識低い」福岡市の屋台、7割が違反[11/11/04] | ログ速
http://www.logsoku.com/r/bizplus/1320393886/

さらに、読売新聞の記事のソースとなった『福岡市 屋台との共生のあり方研究会』の資料にリンクしよう。
 ↓
屋台との共生のあり方研究会資料 事務局提出資料(1,532kbyte)pdf
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/30566/1/shiryou.pdf

些細な違反の放置が、モラルの低下を招く

この程度のことと、あなどるなかれ。

ウィンドーブロークン理論というのがある。
wikipediaから引用する。

1、建物の窓が壊れているのを放置すると、それが「誰も当該地域に対し関心を払っていない」というサインとなり、犯罪を起こしやすい環境を作り出す。

2、ゴミのポイ捨てなどの軽犯罪が起きるようになる。

3、住民のモラルが低下して、地域の振興、安全確保に協力しなくなる。それがさらに環境を悪化させる。

4、凶悪犯罪を含めた犯罪が多発するようになる。

したがって、治安を回復させるには、一見無害であったり、軽微な秩序違反行為でも取り締まる(ごみはきちんと分類して捨てるなど)。警察職員による徒歩パトロールや交通違反の取り締まりを強化する。地域社会は警察職員に協力し、秩序の維持に努力する。


すなわち、たとえ些細な事でも、ルールが守られない地域では、犯罪が起こりやすい環境になるということだ。逆に、些細なルールを徹底すれば、重犯罪を抑止できる。
例えば、ニューヨーク市では、落書きや違法駐車などの軽犯罪を徹底して取り締まり、重犯罪が大幅に減少した。
日本では、札幌市で、すすきのの違法駐車の取り締まりを徹底し、治安を向上させた例がある。

福岡でも、同様のことが言える。
屋台指導要綱という些細なルール違反を、事実上放置することで、ぼったくりなどの犯罪を誘発している。
すなわち、ルール違反をしている7割の屋台は、モラルが低く、ぼったくる可能性があるということだ。

したがって、冒頭に挙げた7つの方法を、全て、実行しなかった場合、ぼられる確率は7割…
かもしれない。ご注意を。

屋台を健全化させるために

ウィンドウブロークン理論を応用して、福岡市が、屋台を健全化させるためには、次の方法をとれば良い。
もちろん、福岡に限らず、他の自治体でも応用できる。

1、最初に全てのルールを撤廃する。
2、ルールを撤廃したことと、今後の方針について、充分に告知する。
3、一番守りやすく、遵守率が高いルールを、一つだけ定める。
4、この一つだけのルールを、充分に告知し、徹底的に守らせる。
一つのルールを徹底させるだけで、モラルが高くなる。
その効果で、廃止したはずのルールでさえ、守られるようになるだろう。
5、一つのルールの徹底ができたら、また一つだけルールを追加する。
6、以前のルールと同様に、充分に告知し、徹底的に守らせる。
7、繰り返す。

この段取りで、一番重要なのは、告知のしかただ。徹底させる方法も重要だ。
詳細については、有料でコンサルティングするので、ご担当の方は、私まで、ご連絡いただきたい。
ご連絡の際には、こちらのブログの入力フォームに入力いただきたい。
 ↓
http://ss0611.blog.fc2.com/blog-entry-913.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く