旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

釣った魚のシメ方、血抜きと持ち帰り方 旅行

釣った魚の上手な持ち帰り方や魚のシメ方 血抜きをマスターする

釣った魚を締める最大の目的は鮮度を保つこと、釣り魚のうま味を最大限発揮することです。
漁師にサシ網や大敷網で捕られた魚は、海水の中で網に絡まり疲れはてて死んで行くか
網によって出来た外部的なキズにより死んでしまうか、死ぬまでには至らないが
弱り果てるかのどれかです。
釣った魚をその場(ボート船内や陸)でシメる場合は、全く違った魚の味(ウマイ)になります。
そのために適切な釣り魚の締め方と血抜きを実戦しなければなりません。
魚をシメて血液をすぐに抜くことにより魚身の生臭さが無くなりなります。
釣り魚を血抜きをしないと血液が筋肉内でかたまって味を悪くするのです。
魚を元気な内に締めると魚のストレスや暴れることによる魚体のキズを傷めることもありません。

釣った魚の上手なシメ方&魚の血抜きの方法


外締め

釣った魚の鰓(エラ)の付け根に包丁や鋭利な刃物で背骨を切断するように切り込みます。
こうすると釣った魚は即死に近い状態になります。
バケツに海水をたっぷり汲んでその中に先ほど背骨(魚の神経)を切断した魚を入れます。
しばらくその海水に入れておきます。こうすると魚の血液が固まらずにすべて抜けます。(血抜き)
大きな魚は尾ヒレと尾の付け根にも切れ目を入れて血が抜けやすいようにします。

釣った魚の持ち帰り方

釣った魚の鮮度を維持して持ち帰るにはクーラーボックスと氷が最低限必要です。
魚を持ち帰るときには氷をふんだんに使うのが魚の鮮度を落とさないコツです。
魚を直接氷につけるとせっかく釣った魚が痛みます。通常の氷は真水から作られています。
真水氷の解けた水に魚をつけると魚が水ぶくれになり味が落ちます。
直ぐに氷のなかに魚を置いただけではなかなか魚が冷却されません。(釣れたての魚は熱を持っています。この熱がクーラーボックス内で魚自体にこもったりして魚を傷めることになります。)
まず海水に氷をいれてその中に締めた魚を入れます。このようにして魚が十分冷えて魚が完璧に締まったら魚をビニールか新聞紙で個別に包んだ魚を細かく砕いた氷を入れたクーラーボックスに仕舞います。
絶対に魚を直接氷に接しないように気をつけます。
釣具店で販売されている大きな氷はなかなか砕けません。アイスピックを持参するのが良いでしょう。

釣った魚の持ち帰る為の用具
・クーラーボックスor発泡スチロールボックス
・氷 溶け難い氷の作り方
・ナイロン袋、ラップ、ごみ袋など釣り魚に合った大きさの袋
・アイスピックやナイフなど、魚を締める道具と氷を砕けるもの。


引用元URL:http://fishing8888.blog21.fc2.com/blog-entry-20.html

また、コチラの情報もおすすめです。

http://bit.ly/2dI2iQV
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く