健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

アトピーと油 健康

アトピーには油が良くないと聞くので、今まで単純にたー坊の食事にはなるべく油を使わずにいました。

でも最近、本を読んだりネットで調べたりしていたら、摂って良い油と悪い油があることを知ったんです!!

摂ると悪い油は、

リノール酸
逆に摂った方が良い油というのが、@ーリノレン酸です。

・・って似てて、これじゃよく分からないですよね(^^:)

◆まずは、摂ると悪い油=リノール酸について。


これはどんな食品に含まれているかというと、

コーン油・紅花油・マヨネーズ・マーガリン・卵・スナック菓子・ドレッシングなどです。

このリノール酸は身体で作られない栄養素なので、全く摂らない方がいいというわけではないそうですが、必要量はごく少量なので意識して摂らなくても摂れてしまうんだそうです。それに、現在の日本では多量摂取の方が問題になっていて、日本では40年前の約3倍の消費量だそうです。

日本脂質栄養学会でも、「リノール酸系の物質は、健康を害する恐れがある」と提言しています。
(※参照→「リノール酸摂取量の削減および油脂食品の表示改善を進める提言」について)

リノール酸を摂りすぎると、アトピーなどのアレルギーの他、糖尿病やガンを引き起こすとも言われています。
アトピーの原因の1つといっても過言ではなさそう・・。

しかも、このリノール酸の影響を1番受けてるのが乳幼児とのこと。
日本人の母乳に含まれるリノール酸の含有率は13%と諸外国の中でもかなり高いんだそうです。(他国では8~9%)
それにそれに・・粉ミルクのリノール酸の含有率は20%近いんだって!
母乳については食事内容を見直すことで改善できると思いますが、ミルクはどうしようもないですよね。
少しずつ減らしていかねばっ!

あと、身体に最も悪いといわれているのが、マーガリンだそうです!
私もなんとなく身体に悪いと聞いたことあるような気がしましたが、パン食べる時にはやっぱりマーガリン塗ってましたね。。
マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は危険なようなので、製造禁止されている国もあるそうですヨ

◆では反対に、摂って良い油=@-リノレン酸について。


@-リノレン酸は、アレルギー体質を改善するとも言われているそうで、意識的に摂るようにするといいようです。

アトピーはもちろん、気管支喘息の軽減にも効果があるとのこと♪

@-リノレン酸は、シソ油やアマニ油などに含まれているそうです。
早速この前、シソ油を買いました(^-^)v



熱に弱いのでドレッシングに使ったりするといいそうです。そのまま舐めたりしてもいいみたい。

また、@-リノレン酸は、魚・豆類・野菜・海草・胚芽などの穀類にも含まれてます。

要は、洋食より和食ということですよね。
今の日本人は、洋食を好む傾向にあるので、それがアトピーなどのアレルギー体質の増加の原因にもなっているんでしょうね・・。

お米も精白したゴハンではなく、玄米や胚芽米を食べることで胚芽部分にある@-リノレン酸が摂れるらしいです。
うちは最近は胚芽米を食べてますけど、白米に近いので玄米苦手って方には良いと思います。

色々知れば知る程、もっと妊娠中など食事に気をつけておけば、たー坊がアトピーになることはなかったんじゃないだろうか・・そう思ってしまいます。
でも今さらそんなこと思っても仕方ないですよね。。
これからたー坊の為に身体に良い美味しい和食をいっぱい作ってあげよう♪
※参考になった本です。



詳しくは、著書である藤澤重樹先生のHP・アトピーは和食が大切。リノール酸を減らして α-リノレン酸を強化にかいてあります。

http://atopibaby.blog73.fc2.com/blog-entry-42.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く