コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

なぜブログがSEOに強いのか? コンピュータ・インターネット

ブログという表現は広義にあたるので、一応前置きとして書いておくけど、一般的にブログと呼ばれるのはASPのブログサービスの事。ASPとはアプリケーションサービスプロバイダの略で、ブラウザ上で動作するサービスを提供する業者。
Microsoft ExcelやAdobe Photoshopみたいな自分のパソコン上で動作するアプリケーションではなく、ブログサービス・SNS・ツイッター・レンタルカート・オンラインゲームなどのwebアプリケーションといえばわかりやすいかな。
んで、本題。
なぜ、アクセスがないのか?でも書いたように、ホームページを作っただけでは、誰も来てくれない。アクセスを増やすためにはGoogleにインデックスされないといけない。
インデックスされやすくする方法はたくさんあるけど、それを自力で対策するのは非常に手間がかかる。それがブログの場合、全てではないけど、手間がかかる部分を自動的にやってくれる。
自分でサイトを構築してサーバーにアップロードした場合と、ブログを利用してサイトを作った場合では、明らかにブログを利用したほうがインデックスされるのが早いというのが実体験に基づく感想。
では、なぜ早いのか?

1.リンクの自動生成
ブログの場合、記事を書くとたくさんのリンクが自動的に作られる。
Googleの評価基準では、リンクというものが非常に重要で、適度にリンクがある場合、頻繁にクロールされる。クロールというのは検索ロボットが訪れる事を意味する。
外部サイトに自サイトへのリンクがあると、そこを入口にして訪れてくれる。
外部リンクがあればあるほど訪れる回数が増える。
自サイト内部のリンクがあると、クローラーがサイト内部を循環しやすくなり、より多くのページをインデックスしてくれる。ほとんどのブログサービスの場合、最新記事や月別、カテゴリー別など、自動的に内部リンクが作られ、記事が増えるたびに更新してくれる。
これを自前でやるのは本当に手間がかかる。
大抵そういう要素は全てのページに表示されるサイドバーなどの共通部分にあるから、例えば「最新記事10件表示」などの要素の場合、記事が増えるたびに全てのページのその部分を更新しなければならない。100ページあったら100ページ分を更新する。想像しただけでも大変だよね。でも、ブログならこれを自動でやってくれる。
あとはランキングだとかコミュニティ系のサービスがブログと連動になってるケースも多く、更新した時にそれらにも通知されて外部リンクが貼られたりするパターンも多い。
2.pingの送信。
ping送信というのは、ホームページを更新した事を知らせる信号。
pingをポータルサイトやブログまとめサイトなどに送信する事でページを早く認識してもらい、ものによってはリンクが貼られる。ほとんどのブログサービスでは更新すると自動的に主要サイトへpingを送信してくれる仕組みになってる。
これも自力でもできるけど、更新する度にいちいち他の物を利用するのは面倒。
ブログの場合、更新と同時に送信してくれるので、pingはほとんど意識しなくていい。
非常に便利。
3.サイトマップの自動生成。
サイトマップというのは、そのサイト全体の目次のようなもの。
人間が見るためのhtmlと機械(ロボットやクローラー)が見るためのxmlの2種類があり、
FC2ブログでは後者の検索エンジン用のsitemaps.xmlを自動で生成してくれる。
それをGoogleウェブマスターツールに登録する事により、クロール頻度を上げる事ができる。
あとは真偽の程は定かではないけど、ドメインパワーというものがあるらしい。
わけのわからん新規ドメインよりも、fc2.comとかyahoo.co.jpとか、既に広く認知されて評価されてるドメインを利用するほうがSEOに有利らしい。
とりあえずこんなところかな。
自力でやってみると苦労がわかる。
これらを自動でやってくれるのは本当に便利。

http://customizefc2blog.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く