コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

効率の良いアフィリエイトリンクの作り方 コンピュータ・インターネット

ここで説明するのは、クリック率の高いアフィリエイトリンクの作り方であって、アクセス数を増やすSEOとは別の話。魅力のある記事を書いて、サイトの評価を上げて、ある程度アクセスがあるというのが前提。
嘘くさい商品絶賛記事を書いて、その商品のアフィリエイトリンクを貼るという王道的なアフィリエイトブログよりも効果があるかもしれない。
1.サイドバーに闇雲にアフィリエイトリンク画像を貼る。
もうテーマとか関係無し。
とにかくクリックしたくなるような画像のアフィリエイトを選んで貼る。
男性をターゲットにするならアダト系や写真集などが良い。
たった1枚の画像が勝負の鍵になるから、とにかく

画像に力があるのものを選ぶ。
例えばこんなのとか。

あえて、テキストリンクを載せない事で、広告なのか何なのかわかりにくくする。
テーマや記事に無関係なものでも、閲覧者の横目に入って「お?」ってなるような、
とりあえずクリックして詳細が見たくなるような画像のアフィリエイトリンクがよい。
これは、普通に記事目的で訪れるようなブログじゃないと難しい。
アフィリエイトで売り上げに貢献してくれる人=ネットショッピングをする人なので、ある程度ネット社会を理解してる人と言える。アルトサイトのクリック詐欺などの知識もあり常に警戒心を持ってるので、あまりにも露骨なサイト作りだとサイト自体を警戒される。
2.記事下に小さなアフィリエイト画像を置く。
記事下に広告が出るブログは多いので、テーマや記事内容に関係無さそうな画像を置いても他の箇所に比べて違和感がない。貼ると言うよりは置くという表現のほうが近いイメージ。
ここに貼る場合はあえて小さい画像を利用して、
クリックすると拡大画像が見られるんじゃないか?」という心理を利用する。
例えばこんなの。

わかりやすくするために、またアルト系の画像にしたけど、探せばアルト以外にも拡大して見たくなるような画像のアフィリエイトリンクはある。
記事中に使う画像もクリックで拡大表示するようにjpgファイル等にリンクしておけば、上のほうから記事と画像を見てきた人のクリック率が更に上がるかもしれない。
3.アフィリエイトと思わせないテキストリンクを利用する。
アフィリエイトのコードは編集すると違反な場合が多く、そのまま使うのが原則。
だけど、中には例外もある。例えば楽天アフィリエイトのテキストリンク。
これは商品名やショップ名が入っていれば、その他は編集してもいい。
これを巧みに利用する。
例えば「送料無料」や「レビューを書いて~」などの文字がテキストリンクの中にあると、すぐアフィリエイトだという事がばれる。自然にクリックしてもらうためには、パッと見で商品名だという事がわからないものがいい。
この手法を一番有効に使える商品は書籍。
書籍のタイトルは書店の中で手にとってもらわなければならないという、クリックしてもらわなければならないアフィリエイトリンクと同じような性質を持っているので、人の目を引く事を意識して作られたものが多いから、この手法に最もふさわしい。
これを内容のある記事と共に置く事により、更にクリック率が上がる。
いらないテキストがリンクに含まれていたら削除してタイトルだけにするのがコツ。
例えば、最近よく話題になる反日の記事を書いて、途中や下部に次のようなリンクを貼る。
・尖閣を狙う中国の許されざる反日教育
・やっかいな隣人韓国の正体 なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか
この記事に訪れた人は「反日」に興味がある人だから、このようなキーワードに食いつく。
そして、書籍のアフィリエイトだとは思わずに関連サイトや記事の参考サイトだと思い、ついクリックしてしまう。検索で訪れる場合も多いけど、このような記事やサイトのリンクを渡り歩き、ハシゴして来る人も多いから、習性でクリックしてしまう。
自分のブログにある程度ファンがいて、その人たちを騙すようで気が引けるのなら、初投稿時はアフィリエイトを貼らずに、しばらくしてから貼るのがいい。
最初はアフィリエイトを意識せずに普通の記事を書き続けて、アクセス解析等で人気の記事がわかってから、アフィリエイトリンクを貼り始めるのもいいかも知れない。
なんでもかんでもアフィリエイトリンクを貼ると、さもしい感じがして敬遠されるからね。
いずれの場合もアクセスしてもらえるような記事の力が大事。
こればかりは頑張って積み重ねていくしかない。
http://hiki-affili.com/
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く