コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

未来記事の表示/非表示をコントロールする コンピュータ・インターネット

■HTML
<!--topentry-->
<div class="display_none_<%topentry_year>">
<%topentry_body>
</div>
<!--/topentry-->
■CSS
.display_none_2030 {display:none;}
<%topentry_year>は投稿年の変数なので、この例の場合はコントロールしたい記事の投稿年を2030年で更新する。
そうすれば、その記事が表示される設定になっているページにて、
<div class="display_none_<%topentry_year>">の部分を通った時に
<div class="display_none_2030">となり、
CSSの.display_none_2030と一致し、{display:none;}非表示が適用される。
ifの分岐判定みたいな感じ。
これをモード(エリア)変数と組み合わせる事により、トップページだけに表示やカテゴリーページだけに表示という使い方ができる。
また、プラグインの最新記事一覧に未来記事を表示しないという事もできる。
<!--topentry-->内で使える変数であれば、この投稿年以外の変数でもコントロールできる。
例えば、<%topentry_category_no>を使えば、トップページに特定のカテゴリーの未来記事だけ非表示などできる。
実際に未来記事の表示をコントロールしているページ
目の症状 - パソコン病の予防と改善
一番上の商品と人気商品4つ、商品一覧のタイトルバーまでが未来記事で、それ以降が普通の記事。この未来記事は、カテゴリーページの「目の症状」だけに表示され、他のページでは表示しない。カテゴリーページを「新しい順」で表示、そして未来記事をコントロールする事により、カテゴリー毎におすすめ(人気)商品を常に一番上に表示している。
これを利用する事により、ネットショップのようなカテゴリー別のトップページを作る事ができる。ショップ風のアフィリエイトサイトやドロップシッピングサイトを作る場合に効果的。
http://customizefc2blog.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

誰でもネットで確実に稼げる方法が知りたい方はコチラを見てください。
⇒ http://oyako.biz/net_kasegu/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く