ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

傷の治りを、早める方法 

はじめに

 


怪我の治りが遅くなった。 傷跡が茶色くなっていつまでも残る。これは肌の老化のサインかもしれません・・。少しでも早く傷を治す方法とは?

症状

怪我の治りが遅くなった。傷跡が茶色くなっていつまでも残る。そんな症状を感じたら、皮膚の再生能力が低下しているサインかもしれません。

原因

加齢に伴ってお肌の新陳代謝(ターンオーバー)が低下すると、傷跡に沈着したメラニン色素の吸収が遅くなるため、傷跡がいつまでも残ってしまいます。

原因2

自力で肌を再生できない!?

傷を負った部分は、皮膚の組織が壊れ、様々な機能が失われた状態になります。
生体は外傷などで損傷をすると、自らの修復機能を使って皮膚を元の状態に戻そうとしますが、歳をとると皮膚の新陳代謝の低下、皮膚再生に必要な、「グロスファクター」(EGF、FGF、VEGF)と呼ばれる創傷治癒に関与する種々のサイトカインの産生低下などが起こり、新しい皮膚を作って元の状態に修復するまでに時間がかかるようになります。
糖尿病などを合併すると、ますます傷の治りは遅くなっていきます。

放っておくと

今以上に傷の治りが遅くなるだけでなく、小さな傷も潰瘍化したり、傷跡が茶色いしみのように角質層に残りやすくなってしまいます。さらに、しわやたるみといった肌老化の進行にも影響を与え兼ねません。

対策

傷口をしっかり清潔に保った後で「モイストウーンドヒーリング(湿潤創傷治癒)」療法で、傷を湿潤環境に維持し、傷跡をキレイに治しましょう。
最近ではグロースファクターなどの成分を配合したスキンケアも販売されています。体内で生産量が減ったなら、外から補給!
傷の治りを、早める方法はこちらをチェックしてみてください!
↓↓↓↓↓
http://www.karada-aging.jp/sign/body/body06/?utm_source=fc2_121219_kizuato&utm_medium=social

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く