家族ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

女の子の両親に結婚の許しを得られる最良の方法 家族

誰もが気づかないタブー

最近、なかなか相手の両親に結婚についてOKが貰えなくて悩んでいるという話を聞きます。
もしかしたら、こんなタブーをしてしまっていませんか?

突撃訪問

プロポーズをして、彼女からOKが貰えてから、相手の両親に初めて挨拶に行く。
これ、絶対にしてはいけない最悪のケースです。
彼女の両親からすれば、あなたはどこの馬の骨ともしれない胡散臭い男にしかみえません。
どんなに誠意をもっていると言い張っても無駄です。

初見で結婚の許しを乞う

突撃訪問に重ねて、こんな愚行は見ていられません。
というより社会人として失格です。
相手の両親からも鼻で笑われてしまいますよ。

結婚がスムーズに決まる誰にでもできる意外な方法

上記のタブーに気づいたら、自ずと答えは出ているようなものです。
とっても簡単で誰にでも実践出来る方法を教えます。

付き合い始めに相手の両親に軽く挨拶

これは早ければ早いほど良いです。
ちょっとした手土産を持って、相手の両親に挨拶に行きます。
自分が付き合っている男性だと相手の両親に知ってもらうわけです。
まだ最初ですので、それほど良くは思われないかもしれませんが、全く問題ありません。
自分の娘が誰と付き合っているのか知っているのと知らないのとでは、結婚の許しを得るのに
雲泥の差がありますよ。

二、三ヶ月に1回は訪ねる

ここからは相手の両親との心の距離を縮めることに終始します。
これこそが誠意といえるものです。相手の両親への礼節を欠かさないということは、
付き合っている彼女も大事にしているという証明にもなるのです。

よく、付き合っていることをひた隠しにするカップルがいますが、もし結婚を考えているなら、
堂々と付き合いましょう。
相手の両親に会うのは勇気ではありませんよ。男気です。

また、コチラの情報もおすすめです。

http://bit.ly/2dI2iQV

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く