家族ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

セールス電話の断り方 家族

セールス電話
忙しい時間帯に掛かってくる電話。
「がちゃん」と切れば良いという人もいますが、あまりいい加減に切ると
その後に「迷惑、いたずら電話がかかったり」することもあります。
あちらはこちらの電話を知っているし、悪くすれば住所だって知っているかも。
あとあと、煩わしい電話がかかりにくくなる電話の切り方です。
上手な切り方
1.電話に出る時には静かな声で「はい、○○でございます」と行って出る。
2.申し訳ございませんがから始まりセールスされたものよりかなり良い物を持っていることを伝える。
もしくは、一切必要でない理由を述べる。
例:お墓のセールスの場合。
「申し訳ございませんが先祖代々○○霊園でおねがいしております。」
例:畳のセールスの場合
「申し訳ございませんが、家では畳の部屋はございません%」
もしくは
「大型の室内犬がいるので、畳の部屋は無くしてしまいました」
我が家に一番多くかかってくるのは、屋根のペンキ
こちらは
「申し訳ありませんが、家の(修理などの)事はすべて、建築した業者に任せてありますので、
なにかありましたら、そちらへおねがいしています。」
もしくは「申し訳ございませんが、そういったものは父が決めた業者がございますので
《どれもポイントは静かな声で、丁寧に》
バイトの人が入れ替わり立ち替わり電話してくるので、1年に何回かかかってきますが、
順調に断ってます!
みなさんも、やってみて下さい。

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く