食事ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

ゴーヤ好きになる☆絶品豚バラ肉巻き 食事

今夜のメインは「ゴーヤ好きになる☆絶品豚バラ肉巻き」でした。



↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!

レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪

★「ゴーヤ好きになる☆絶品豚バラ肉巻き」のレシピ★

今日は、長寿食であり夏バテ対策に効く「ゴーヤ」を美味しく食べるレシピを開発してみました。
ゴーヤ、別名にがうりは、その名の通り、独特の苦味が特徴ですね。
ゴーヤの苦味に魅了される人も多くなってきましたが、まだまだ苦手な人が多いのが現実ではないでしょうか?
特に、お子さんや旦那さんが苦手だと、自分は好きなのに食卓にゴーヤ料理を並べられない・・・と嘆いてらっしゃる主婦の方も多いと思います。
今日はゴーヤ料理にすると決めていたのですが、偶然、仲良しのeomotさんから
「旦那様がゴーヤ苦手・・・ゴーヤの美味しいレシピ待ってます(笑)」
とコメントがあってビックリ!!
気が合う人とは、いつでも心が通じ合っているものですね。
これはもう、「ゴーヤ克服レシピ」を開発するしかない!とはりきってしまいました。
実は、私の夫もゴーヤがあまり好きではありません。
定番の「ゴーヤチャンプルー」は、栄養のため、頑張って食べてもらっている、という感じでした。
せっかく栄養価の高いゴーヤでも、「美味しいな♪」と思って食べられなければ、カラダが喜ばないだろうな、と思ってきました。
しばらく買い控えていたゴーヤですが、先日の野菜市で、太陽をいっぱい浴びて育ったであろう、青々と輝く立派な鹿児島産ゴーヤ100円を発見!
これはもう、買うしかない!!
これを機に、夫にもゴーヤを美味しく食べてもらおう♪と決心し、イボイボしてハリとツヤのある、ずっしり重いゴーヤを選びました。
ちなみに、私はゴーヤ好きです。
あの苦味が、冷酒や芋焼酎によく合います。(・・・今は呑めませんが!)
今日は、ゴーヤ好きな人もそうでない人も美味しく楽しく食べられるように、ゴーヤと相性の良い豚バラ肉で巻いてみました。
ゴーヤのビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴ですが、水には溶け出してしまいます。
水にさらすと苦味は抜けるけど、あまり長時間はさらしたくない・・・
ということで、下茹でするのではなく熱湯(しかも、ニンジンの茹で汁の残り!)をまわしかけるだけにとどめ、しょうゆとカレー粉で炒めて下味をつけておくことで、苦味を和らげることに成功しました!
しかも、ポテトサラダに混ぜ込むことで、子どもが大好きなカレー風味とポテトサラダが融合して、そのまま食べても美味しいカレーポテトサラダに変身♪
eomotさんの手作り天然酵母パンといっしょに食べたら美味しそうです。
さて、そのゴーヤ入りカレーポテトサラダを、ニンジンを軸にして豚バラ肉で巻いていきます。


このように、まな板の上にラップを敷き、その上に豚バラ肉を広げて巻くと、まな板も汚れず巻きやすいです。
レシピにも書きましたが、ポテトサラダはゴーヤと玉ねぎの繊維質のおかげでまとまりやすくなっており、さらにニンジンを芯にするので巻くのも簡単です。
玉ねぎの塩もみについて、これもeomotさんから学んだのですが、
「水で洗い流さず、そのまま水気を切っただけ・・・お塩がとってもイイ仕事をしている」
というのもポイントです。
なので、ポテトサラダには塩を加えません。
玉ねぎのお塩が、玉ねぎ本来の甘みや旨味をギュッと凝縮させ引き出している感じです。

こうして、あらゆる工夫を凝らして作ってみたゴーヤの新メニュー・・・
夫の反応は、
「これ、美味しいね!!」
やったぁ〜♪大成功です!!!
ゴーヤの苦味はほんのり感じられますが、カレー風味が効いていて、ポテトサラダとともにマイルドな味わいになっているので、そんなに気にならないようです。
肉巻きにしてあるので、「パクッ!」とかじれて食べやすくなっています。
しかも、お酢とお好みソースの酸味が豚バラ肉をコーティングして肉質をやわらかくしてくれるので、冷めてもおいしく、箸でお肉をちぎれるくらいなので、子どもからお年寄りまで「パクッ!」とかじって美味しく楽しく食べてほしい一品です。
ゴーヤ好きな方もそうでない方も、ゴーヤ料理の新レシピとしてぜひ挑戦してみてくださいね。

今夜の献立は、
ゴーヤ好きになる☆絶品豚バラ肉巻き(豚バラ肉、ゴーヤ、玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジン)
カボチャの煮付け
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)
でした。

Kathにも、今夜のメイン「ゴーヤ好きになる☆絶品豚バラ肉巻き」を、以前紹介した「好き嫌いがなくなる(?)魔法の海苔巻き」方式で食べさせてみたら・・・
なんと、ゴーヤまで食べてくれました!!
豚バラ肉は箸で小さくちぎることができたので、Kathにも安心して食べさせられました。
家族みんなでゴーヤを美味しく食べて、猛暑を乗り切る元気な体で楽しく過ごしたいです。

最後に、私の好きな、栄養素のお勉強メモを・・・
【ゴーヤの健康効果】
●ゴーヤの苦味成分(果皮に含まれるモモルデシンとチャランチン)が、血液をきれいにしてくれる。
 ◇血圧の安定
 ◇血糖値の安定(→臨床試験により、糖尿病に効果があることを確認)
 ◇コレステロールの低下(水溶性繊維が効果的)
 ◇がん細胞の増殖を抑制(ナチュラルキラー細胞の活性化による)
●心身のストレスや疲労回復に効くビタミンCが豊富(1本につきレモン約2個分、ほうれん草の約2倍に相当)
 ◇ゴーヤに含まれるビタミンCだけは、加熱しても壊れにくい!
 ◇ビタミンCのような抗酸化物質を含む植物性食品は、動物性食品と一緒に組み合わせると、さらに抗酸化力がアップする。
●ほかにも、ゴーヤにはβ-カロチンやビタミンB1、またカリウム、リン、鉄分などミネラル類も豊富。
 →体のむくみ解消、疲労回復、夏バテ防止に効く!

やはり、ゴーヤは積極的に食べたいものです。

blogramランキング参加中!
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

http://mcmasky.blog20.fc2.com/blog-entry-389.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く