食事ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

だだだ、大発見のクッキー☆ 食事


菜種油と粉をすり混ぜて作るクッキーって、
カリッカリになるときと、そうじゃないときがあるなーと
前からずーっと疑問に思っていました
なかなか思い通りのテクスチャーにならなかったり・・・
もっと層をいっぱい作ってパイ生地みたいにしたいのに
どうやったらあんなふうになるのかな・・・って。
そのコツが、今日見つかったのです
んも〜出し惜しみせず、みなさまに教えちゃいます
それは、「生地の水分を酢とアルコールに変えること
酢がグルテンの伸びを良くして層をたくさん作りやすくし、
アルコールが水分よりも早く蒸発するため、過熱すると
すぐ生地を持ち上げてカリカリにするのではという仮説です
そしてその仮説に基づき、早速実験してみたレシピです
<材料>
薄力粉 75g
塩 0.7g
甜菜糖 20g
メープルシュガー 10g
菜種油 20g
白ワインビネガー 5g
自家製バニラエキストラクト 7g
この、自家製バニラエキストラクトは、
ウォッカにバニラをつけたものなのでアルコール度数は高め。
今回は、風味付けの目的でなく、
アルコールの効果を見るためなのでしっかり目に入れてみました
<作り方>


粉と砂糖、塩をフードプロセッサーですりまぜ、
そこに菜種油を入れてまわします
さらに、バニラエキストラクトと白ワインビネガーを入れて、
軽くまわし、台で伸ばして3ツ折を何度か繰り返しました
ハート型でまっすぐ、層を意識しつつ型抜き


すると、ベーキングパウダーを入れているわけでもないのに、
型抜きしたクッキーが立て伸びをし始めました
これは層が出来ている証拠なのでは
そして、これを160度のオーブンで30分焼きました
すると・・・伸びること伸びること
写真では分からないですが、中には2倍ぐらいの高さに
なったものもありましたもう感激です笑
そういえば以前ラム酒で作ったときもカリッとなったなぁ・・。
今度はほかのお酒でも作ってみよう
みぃすけの実験はまだまだ続くのでした http://soranoutastaff.blog46.fc2.com/blog-entry-255.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く