ペット・動物ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

犬の甘咬みの止めさせ方 ペット・動物

犬の甘咬みの止めさせ方

犬のしつけを自宅でプロ並みにできる方法はこちらです
⇒ http://commufreelife.com/inunoshituke/

その前に・・・
前回は、犬の咬み癖について記事を書いてきました。

重要なことをお伝えしてなかったので、ここで改めてご紹介します。

それは、
「人に対しての甘咬みは、遅くとも生後5ヶ月までに止めさせる」
ということです。

これは、子犬の社会化期と関係があり、
生後5ヶ月というのは、子犬の社会化期ギリギリのラインです。

この時期に、人に対しての甘咬みを止めさせなければ、
咬む力の抑制方法を知らずに大人になってしまうので、
咬み癖が直しずらくなってしまいます。

あなたのワンちゃんが、まだ子犬であるなら、
今のうちに咬み癖を止めさせましょう。

甘咬みの止めさせ方

まず、少しでも手に歯が当たった瞬間に、
びっくりするほどの大声で「痛い!」と叫び、
2分ほどその場から去ります。
(偶然に手に当たった場合も同じです。)

※「痛い!」と叫んだときに、
子犬がびっくりしないようだと効果は薄いので、
そのときはびっくりするようなを探してみてください。

このトレーニングを繰り返すと、
子犬はびっくりすることと、1人ぼっちになってしまうことで、
咬む力を抑制し、最終的には、人に歯を当てなくなります。

洋服のすそや、ズボンのすそを咬んでくる場合も、
同じように「痛い」と叫んでその場から立ち去りましょう。


①を歯が当たるたびに繰り返してください。
犬は、一度だけではなかなか学習できません。
何度か同じことを繰り返すと、犬は、
歯を当てると嫌なことが起こると学習し、止めるようになってきます。
犬のしつけを自宅でプロ並みにできる方法はこちらです
⇒ http://commufreelife.com/inunoshituke/
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く