旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

お隣の町サンティアゴ・アティトランへ 旅行


アティトラン湖の畔で、最も大きい町と言われているサンティアゴ・アティトランへ行ってみる。
家から一番近い桟橋から船で30分くらい。
船に乗る時、町の公式ガイドに載っている料金よりも高い船代を言われる。
自分達だけかと思いきや、他の外国人にも同じ事を言っている。
めんどくさいから間を空けようかなと思ってたら、その外国人さんが値下げしてくれて、その料金に便乗させてもらった。
外国人は別料金なのね…
しかし、パナハッチェルやサンマルコスへはどこも固定料金で同じなのに。
さて、アティトランの町。
船から見える町はとても大きそうに見える。山肌に上へ上へ家々が連なっている。
船着場では子供たちが泳いでいる。少し曇っているのに、寒くないのかな?
町に降りるとすぐ小さいお土産屋さんが道なりに連なっている。
でも、あまりやる気はなさそう。
ゆっくりと坂を登りながらお店をのんびり冷やかしていると、
グアテマラに来て初めて欲しいと思ったものに出合った。
それは、お面!


こうやっていっぱい並んでいるからこそ欲しくなるのか…
しかし、とんでもなく惹かれるやつに出合えず、買うのを断念。
その代わりにこんなイスが欲しくてしょうがない…


今日は金曜で大きな市場が開かれているとのことだが、
ちょっと行くのが遅すぎて、だいぶ閉まりかかっていた。
町の中心には、公園がある。
サンペドロには公園が無いので、見るとなんとなく新鮮。
メルカドの建物は複雑な3階建て構成で、
雰囲気は薄暗くてちょっと怖い感じだった。


この町の人々の民族衣装はサンペドロとは違い、女性はブラウスがきちんとした模様のものが多い。

男性はあまり衣装を着ていないのが普通かと思っていたが、
結構着ている人が多い。
観光客がちらほら居るくらいで、あまり人が多くない。
なんだか居心地がよさそうなところだった。
また船に乗ってサンペドロへ。
家に着く頃にちょうど雨。運がいい!
ゆーじ http://96happyjourney.blog112.fc2.com/blog-entry-223.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く