教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

日本史とマンガ 教育

日本史の勉強をしていく際に、日本史に馴染みが無い人あるいは日本史が嫌いな人は
"日本史のマンガ"を読む事をお勧めしましょう。
その効能云々を述べても「読み易い」「導入に最適」と言う事になるかと思いますが、
驚くべきは、その中身の精緻さと言う事でしょう。
一例としてですが"小学館のまんが日本の歴史"(児玉幸多監修)は、歴史学会での大御所である児玉幸多氏の影響が隅々と行き届いているせいか
殆ど高校生の教科書と同様な感じの内容が盛り込まれています。
また、単純に日本史と言う事では無く、大鏡や枕草子等に出て来た逸話なども要所要所に盛り込まれている事も凄い所でしょう。(他には二条河原の落書など、歴史資料集的な事も)
しかし?
何事にも注意すべき点は共通しています。
それは、「隅々まで頭に入れる事」
最初の流れを押さえるにザラッと読めば良いと思いますが
入試の基礎を作ると言う点では、このページの右側には何、とかあそこの注釈には何
と言う水準まで覚えこむ事が必要でしょう。

"マンガ"だから楽を出来る?と思った向きは
それは、途中でかかるストレスや負担は軽くなるという程度でしょう
やはり、そこは勉強ですから
"マンガ"から"問題集"&"入試問題"に繋がるように頭を繋いで行きましょう。

プロ・プラネット運営部    S.J.planet
御質問・ご要望等は プロ・プラネット 或いは 0120-606-021 まで。

http://proplanet.blog104.fc2.com/blog-entry-46.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く