ホーム・ガーデニングノウハウをみんなで自由に編集し合える!

芝生 TM9 カクダイ 自動水やりシステムの構築《Casa Cube》 ホーム・ガーデニング


TM9 高麗芝のメンテナンスには、潅水(灌水)が重要であるのは言うまでもありません。しかし、無精のワ・タ・ク・シ、Casa Cubistは、毎日朝早く起きて芝生に水やりを行うのは、とっても大変な仕事なわけで(^^; そこで、毎日設定した時刻に水やりをしてくれる、自動潅水システムをTM9 高麗芝を施工した直後から導入しました。
自動水やりシステムには色々あって、散水時間をコントロールする本体と、スプリンクラー等の潅水装置で構成されます。代表的なシステムのブランドと、それらの主な機能を下記にリストアップしました。
 



会社名



商品名



水分計



雨センサー



ソーラー電源



埋め込み式散水栓対応



ガルディナ
[GARDENA] 
ソーラー電源
ウォーターコンピューター














×



KAKUDAI
(カクダイ)
自動水やりタイマー
潅水コンピューター


×



×



×







タカギ
G216
散水 自動水やり器






×



×







ニチリン
AQUA GREEN






×



×







T&D Corporation
散水レコーダ
RTR-310/310A






×



×



×



パナソニック
(ナショナル)
自動水やりタイマー
EY4100PDX2


(ディスコンです)



△オプション対応
 
超高機能な物は、舶来物のガルディナ、そして日本製のT&D Corporationでしょうか。特に、T&D Corporationの物は、無線通信対応で、PCと連携ができる優れものです。
 
当初、ガルディナにしようと考えていたのですが、埋め込み散水栓に非対応だったこと、予算的に少し高目でなので、最終的にカクダイ製品に決定しました。雨センサーはどうしても欲しくて自作も考えたのですが、毎日天気予報を見て散水栓を閉じたり開いたりすればOKと妥協しました。
 
さて、最終的なシステム構成図としては下記の通りです。スプリンクラーといえば、ゴルフ場で勢い良くスプリング式スプリンクラーが潅水している様子を思い浮かべますが、あんな物をウチの狭い庭で動かしたら、近所迷惑になってしまいますw そのため、散水範囲を180度のスプリンクラーを購入し、散水範囲を限定させる方法を取りました。


 



商品名







【カクダイ】 移動コンピューター (502-302) 自動水やりタイマー(電池式


1



【カクダイ】 ホーセンド (568-700)ホースジョイント


2



【カクダイ】 マカロニホース 長さ30m (5780-30)


2



【カクダイ】  ファ・イブ取出し (575-703)


1



【カクダイ】 180°スプレイ(スパイク) 全長300ミリ  (577-201)


5



【カクダイ】 潅水コンピューター用保護カバー(ジュニア用) (0532)


1



【カクダイ】 カクダイホース 長さ10m (5975-10)


1



【カクダイ】 ネジ口金セット (950-004)ホースジョイント


1



【タカギ】   コネクタ- (FJ) (G079FJ)


1



【カクダイ】 ミニホルダー (5745B)


20



【カクダイ】 ミニチーズ (0571B)マカロニホース用パーツ


5


 
届いたブツ達。 

 
さっそく組立を開始。マカロニチューブを目立たないように地中に埋め、各スプリンクラーを接続して終了。早速テストです。
 
ところが、散水栓からあまりにも遠い場所や、スプリンクラーを2個3個直列に繋いだところは水圧低下の為、スプリンクラーが上手く働きません。その辺は、各スプリンクラーの開度を調整しました。さらに散水角度が180度のスプリンクラーでは、少し散水範囲が広すぎる場所があったので、90度タイプのスプリンクラー(577-301)を後日購入。
 
散水時刻の設定は、早朝の時間帯にセットし、取り合えず毎日5〜10分間散水する事としました。これが非常に便利で、出勤前にはすでに散水が終わっています。これは非常に楽ちんです♪なお、最初の散水から6時間後に再度散水の設定が可能なのですが、その頃は恐らく地中に埋め込んだマカロニチューブ内部の水温が高温になっており、それが芝生に散布されてしまうと、あたかも熱湯をかけるような状態になり芝にダメージを与えかねません。その為、散水設定は一日一回・早朝時のみにしました。
 
ただ、前回の記事に通り、散水しすぎるのも「×」なので、ピシウム病発生後は、移動コンピューターの散水日の設定を「隔日」に変更。この状態でしばし様子を見ようと思います。
 

記事が参考になった!と感じましたら、バナーをクリックしてくださいね。Blogランキングにポイントが加算されます。
↓↓↓↓

http://casacubist.blog28.fc2.com/blog-entry-117.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く