教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

勉強する時に聴くといい,効果的な音楽とは? 教育

集中力については今までも何度か書いてきましたが、
今回は

勉強するときはどんな音楽がいいの?
という質問にお答えしていきたいと思います。
よく『声が入っている音楽はダメだ!』
という話を聞きますが、
はやして本当にダメなのでしょうか?

ではまず勉強に向かない音楽とは何か。
これは言うまでもなく
集中力を妨げる音楽
です。
つまり、歌詞が入っていると、
少なからずその歌詞に耳を傾けてしまうため、
ふとした拍子に集中力が途切れてしまう事があるわけです。
そのため、声の入った音楽は勉強に向かないとよく言われます。
しかしながら、それもケースバイケースです。
たとえば、
【テレビの音】 VS 【ロック】
【兄弟げんかの声】 VS 【ロック】
【外の工事の音】 VS 【ロック】
これならばロックを聴いていた方がいいかもしれません。
ようは程度の問題なのです。
周りの環境に対して、より集中しやすい環境ならば、
声が入っていようがいなかろうが、構わないのです。

では次に、
より集中しやすいと言われる音楽は何か?
曲調がスムーズに移行している曲

です。
その代表的なのがクラッシックです。
クラッシックにもガチャガチャしたのがありますから、
何でもいいというわけではありませんが、
ほとんどがゆったりとしていて、
急な曲調の変化が見られません。
そして偶然か必然か、
1/f ゆらぎというものがクラッシックにはかなり多いと言われています。
1/fゆらぎ規則正しい音とランダムで規則性がない音との中間の音で,
人に快適感やヒーリング効果を与えると謳われています。
これについては科学的根拠がないのですが,
実際に集中力に影響するα波に関連があることはわかっています。
最近ではヒーリングミュージックとしてよく出てますよね♪
そのため、クラッシックは聴いていると眠くなる
という話もよく聞きますが、
何かするときのバックグラウンドにかける音楽としては最適なのです。

では声の入った音楽ではどうでしょうか?
比較のために、イメージしやすいauのCMを想像してみて下さい。


『相手が誰でもかんけーなーい!
ガーンガンメールしてもタダー!
AUーっ!!!
AU−っ!!!』

こんな感じのテンションと、
BUMPのゆったりとした曲。


え?なぜBUMPなんだって?
BUMP好きなんですーーー☆
という個人的な話は置いておき、
ゆったりとした曲の代表として出てきて頂きました。

とりあえず、好みも助けて、
テンションが上がってしまう曲
これは勉強前に聞く分には構いませんが、
勉強を始める時には静かな曲調にしておくといいと思います。
もちろん、BUMPだって全てが静かな曲じゃありませんしね(笑)
余談ですが、
私は基本的に大体どんな曲をかけていても、
というよりどんな環境でも集中できます。
もちろんそういう訓練をしてきたのですが、
どうしても一発で集中力を切らしてしまう音楽があります。
それは…アニソン、ことアニメソング!!!
こ…これだけはあかん…
テンションが一気にマックスになってしまって、
計算などはもう手がつかない(笑)
でも勉強する時はユーロビートという子もいました。
まぁこの子の場合、替え歌マスターだったので、
こういうテンションの高い曲のリズムに乗って、
暗記物をしていたりしたのですが…
という感じで、人それぞれなんですよ。

結論
自分がそれで集中できるというのなら,
別にどんな曲でも構いません。
ただ,より効果的な音楽のランクはあります。
その場に適した音楽をお好みでお選び下さい♪
一例ですが,下に行くほど一般的に集中しやすいというものを載せておきます。

親子喧嘩

兄弟げんか

選挙カーの声

工事の音

テレビの音
親兄弟の話し声

ロック

ジャズ

クラッシックミュージック
特にモーツァルト系
ヒーリングミュージック
ヒーリングミュージック系統では,
例えば,こういうものが今人気で,実際に生徒さんにもオススメする事があります。
快眠とか書いてありますが,実は集中したいときにも使えるのです♪
寝る時にも使えるので一石二鳥(
  • ≧m≦*)

  

  


  

  


裏技ですが,普段は歌詞が入っている曲でも,
オルゴール曲にすると途端にヒーリング効果が出たりします(笑)

今回はここまで☆
もし音楽変えてみようかな…
と思ったらぽちっとクリックしてあげてください(
  • ≧m≦*)


非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

http://hatukision.blog3.fc2.com/blog-entry-51.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く