教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

中学生の内申点の上げ方 教育

「今更書くなよ!」
というような内容ですが,
三期制の場合はすでに成績表をもらっている事と思いますが,
二期生の場合は夏休みが終わった後にもらってくるので,

中3でもまだ間に合う可能性があります!
諦めずに最後まで頑張りましょう♪
ということで,今回は内申を上げる方法です。
1つ注意点を。
これから話す内容は,私が先生として学校にいた経験,
学校の先生をやっている知人の話などを元にしております。
しかしながら,全ての先生がそうという訳ではありませんので,
誤解や偏見のなきようにお願いいたします。

まず
■内申点は誰がどのように決めるのか

内申点は各教科の先生が,
テストの点数や,授業実感,提出物
などを元に判断します。

「など」と書きましたが,
ほとんどがこの3つです。
つまり,
?テストの点数
?授業実感
?提出物
この3つを抑えれば内申を上げられる!
のです。

では個別の対策を紹介します。
■ ?テストの点数
これについてはここに書ききれないので,
小出しにしていきます(笑)
点数のみで言うと,
通常は8割取れば5段階評価で4〜5は取れます。

■ ?授業実感
今回のメインテーマはここです。
いくらテストで点数を取っても,
実感が悪ければ内申点が下げられる事になります。
ま,当たり前ですね(笑)
でもこういう話をすると,
「そんなこと言われたって,
先生に嫌われてたら内申上げられないじゃん!」
「私,○○先生キライ…」
という話をよく聞くのですが,
嫌いだろうが何だろうが,
内申を取りたければある程度演技は必要なんです。

とはいえ,いいこぶりっこをしてもメッキがはがれるだけなので,
成績が上がるテクニックと合わせて使えるテクニックを利用

http://hatukision.blog3.fc2.com/blog-entry-54.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く