教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

内申点の裏話 教育

これを読む前に,
もし前の記事を読んでいなければごらんになってみて下さい♪
以前の記事 : 中学生の内申点の上げ方

内申点は2002年度から相対評価から絶対評価にかわり、
かなりの人が評価5をもらえるようになりました。

これはなぜかというと、
2002年度以前は
内申点5 : 7%
内申点4 :24%
内申点3 :38%
内申点2 :24%
内申点1 : 7%
決められていたのですね。

例えば100人の学年の場合、
5をつけていいのは7人でした。


それが絶対評価になることにより、
100人中5を何人につけても良いという事になりました。
極端な話、
全員頑張っていると思えれば、
全員に5をつけても良いわけです。

これにより、
学校による評価の格差が問題になりました。

というのも、
私の学校は厳しくて5がほとんどもらえないにもかかわらず、
道をはさんで反対側の地域は
学年の半分が5
なんて事が出てきてしまったからです。



ではなぜみんなに5をつけないのでしょうか?

本当は学校の先生だってみんなに5をあげたいのです。

しかしながら、
全員には5をあげられない事情があるのです。

それは

○○中学校は
全部で何人のうち、
5は何人(全体の○○%)
4は何人(全体の○○%)
3は何人(全体の○○%)
2は何人(全体の○○%)
1は何人(全体の○○%)
つけましたよ〜
という報告をしなれけばならないためです。


という事は、評価の付け方自体は確かに個人を評価する絶対評価ですが、
入試段階ではどうしても他者と比較せざるを得ないので、
結局全員に5はつけられないわけです。


これに関しては各都道府県がそれぞれ色々な対策を施し、
なるべく学校間の内申格差が生まれないようにしています。

対策が行き届いていない所では、
内申よりも学力重視で合否を決めるような体制ができてきている所がほとんどです。


さて一見なるべく平等に近づけている上記の制度ですが、
これにより、
とんでもない場所で格差が生まれてしまった事はあまり受験生には知られていません。

塾の先生ですら知らない方が多いかと思います。

例えば
『受験直前で評価がガクッと下げられた!』
なんていうのはよくある話です。

どうしてそんな事が起こるのか。
そしてこれの回避方法は?


これに関してはここで書いてしまうと公教育や学校教育の批判とも捉えられかねないので、
コミュニティーの方で記事にしたいと思います。

コミュニティーへの参加は自由です♪

ただ1つ。
私は公教育や学校教育を非難するつもりは全くなく、
学校の先生が悪い訳でもなんでもない。
全ての先生がこういう先生ではない。
あくまで世間を上手く渡っていくための1つの提案として書いている事
をご了承して頂いた上でご覧になって下さいね!


もし内申アップをやってみようかな
と思ったらぽちっとクリックしてあげてください(
  • ≧m≦*)


非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ


http://hatukision.blog3.fc2.com/blog-entry-56.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く