教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

予備校にはいつから行くべきか? 教育

はっきり言ってしまえば予備校は必要ありません。
中学受験・高校受験とは違って,

浪人が普通にできるからです。
浪人は何年までという決まりはありませんから,
自分で思必要な科目をう存分勉強すればいいのです。
そのため,予備校は必要ありません。
とはいえ,実際には「何人しても浪人していいわよ」
なんていう家庭はそうそう多くはないはず。
となると期限が出来てしまうので,効率のいい勉強が求められます。
その場合は予備校を有効活用した方がいいでしょう。
どの予備校があっているかは,
基本的に本人が決めた方がいい場合が多いです。
というのも,
予備校が合う合わないは本人次第だからです。
親が決めてしまっても現状にそぐわない場合が多いのです。
※情報集めは重要です。
親は関わるなと言っている訳ではなく,
本人の意思を尊重できるようにサポートしてあげて下さい。
そして予備校に通うタイミングも本人が自分で決めるのがいいでしょう。
本人がやろうと決めた時がやる気が出た時期です。
もし親が予備校に通うことを認めてくれないのであれば,
頑張って説得するか,
自力で頑張るかです(笑)
説得するポイントは
○この予備校で何をしたいのか
○他の予備校と比べて何がよくて何が悪いのか
○どういうカリキュラムで受講していくつもりなのか
は最低限話すようにしましょう。
なんとなくでは意思が薄いと思われても仕方ありません。
では予備校の種類とどういう方が合っているかを紹介します。

集団授業
集団の最大のメリットは,有名な先生の授業を受けられるということです。
もちろん有名な先生がいい先生とは限りませんが,
受験テクニックはやはりピカイチです。
最近は個別のサポートも充実してきましたが,
以前自分で動かなければ向こうから情報が入ってくる事はありません。
また,大学合格実績は当てになりません
なぜなら優秀な学校の生徒は授業料無料で名前だけ置いている
場合がほとんどだからです。
そういうものではなく,自分が受けていて楽しい授業の予備校に通うようにしましょう。
ただし,学校の授業とは合わない場合が多いので,
その補間はしっかり自分で行いましょう。

個別指導最大の利点は学校の授業に合わせられることです。
もし大学受験以前に学校の授業で遅れを取っているのならば,
こちらがオススメです。
ただし,個別指導の場合,ほとんどが大学生の先生なので,
合う合わないは宝くじです。
当たりを引くまでは妥協しないようにしましょう♪

通信教育大きくZ会とベネッセに分けられるかと思います。
最大の利点は自分で時間もカリキュラムも決められることです。
自分が行きたい大学が決まっており,
勉強方法に迷いがない場合にはオススメです。
【Z会】
難関大学向け。
考えさせる良質な問題が多いので,
妥協せずにしっかり考え抜いて解ける子にはオススメです。
【ベネッセ】
簡単な問題・繰り返し問題が多いので,
基礎力を固めたい子にオススメです。

参考書を使った家庭学習親としてはこれが一番理想でしょう。
意思が強く,
自分に合った参考書が見つけられる子にはうってつけの勉強方法です。
意思が弱い子,
また勉強のやり方がわかっていない子にはオススメしません。
もし,参考になった!
と思ったらぽちっとクリックしてあげてください(
  • ≧m≦*)


非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ


http://hatukision.blog3.fc2.com/blog-entry-59.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く