教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

親が子供に勉強を教える方法 教育

ま,親が子供に勉強を教えようと思っても,
たいていの場合,うまくいきません。

「あんたこんな問題もできないの!?
教えてあげるから見せなさい!」
「えーやだよ!お母さん教え方下手だもん!」
「それでもあんたよりできるわよ!!!」
「それにすぐ怒るし…」
「いつまでたってもできないあんたが悪いんでしょ!!!(怒)」
それでも一昔前に比べて,
親に勉強を教えてもらうのに抵抗がない子供が増えてきているんですよ。
それは自然とそうなるのか,
それとも戦略的にそうなるように仕向けているのか…
はわかりませんが(笑)
いずれにせよ,

親が教えるというのは今や受験で勝ち残る一つの手段ではあります。


どうして親が勉強を教えなきゃいけないの?学校での勉強時間が少なくなっているにも関わらず,
受験の難易度は上がっているからです。
もはや今や塾でも教えきれないくらい膨大な量となっています。
だからご家庭でも教える必要がでてきてしまうのです。
ただ,別にご家庭で塾や学校と同じことを教える必要はありません
学校には学校の教え方。
塾には塾の教え方。
ご家庭ではご家庭の教え方。
があります。
この三者三様の教え方の利点を生かすのが,
最大の効果を生む親の教え方となります。

塾には「親は教えるな」って言われたのですが…正確にはそれは
解き方のテクニックなどを教えるな!
ということであって,
勉強を教えるなという事ではありません。
解き方は一貫した解き方でないと,
入試で得点に結びつけづらいんですよ。
たとえば算数でよくあるのが
天秤算か加重平均か。
国語でよくあるのが,
一致法か消去法か。
どれが正解とかじゃなく,
どちらが実用的か,
という問題なのですが,
子供からしてみればそんなことわかるわけも無く,
混乱をきたすのでやめて欲しい
ただそれだけです。
テクニックが絡まなければ別に構わないんですよ。

ではどうやって勉強を教えるの?そもそもですね,
教えてやろうという気持ちがよろしくないんですね。
子供からしてみれば,
親は親であると同時にライバルなんです。
ライバルに見せつけられていい気分はしないでしょう?
ここは逆手にとって,
勉強をするように仕向けることが勉強になるのです。
つまり,極端な事を言いますが,
親は子供よりも出来ない方がいい!
のです。
理想的な追い込みとしては,
子供が親よりも難しい問題を解けることに優越感を感じ,
学校や塾などの先生に教えてもらうと親を超えられると思わせること!
です。
だから大真面目に解き方を教える必要なんてないんです。


子供がわからない問題を持ってきました。どうすればいい?
一緒に悩んであげてください。
解けるか解けないかなんてどーでもいいんです。
親子そろって考える時間。
これが大切なのです。
ほら,よく親子揃って見る番組として上位に上がってくるものに
クイズ番組があるでしょ?
あれと同じです。
子供は親に負けないように熱中するんです。
もちろん負けっぱなしでは子供に相手にされなくなるので,
時々勝って,悔しさをあおってあげて下さいね(笑)

そもそも質問に来ないのですが…
無理に質問を誘おうと思っても関係が悪化するのでやめておきましょう♪
こういうときは質問できる場を設けておけばいいのです。
学校や塾の先生が一番身近で選びやすいのではないかと思いますが,
今はQ&Aサイトがかなり出てきていますし,
そういったところでも質問できる場所が確保されていればいいでしょう。
勉強の質問を受け付けている場所は中々ないので,
私に言ってくれても構いません。
問題を写メールででも撮って送ってくれれば,
教えて差し上げます(^-^)v

どうしても怒ってしまうのですが…怒るのがいけないことではありません。
ただ,怒って伸ばす方が難しいのです。
褒めて伸ばす方がよほど簡単です。
だって子供が自ら勉強するようになってしまうのですから(笑)
怒って伸ばしたければ,
最後の最後までガンガン引っ張っていくだけの力がないとできません。
こちらの方が確かに大きく伸びますが,
リスクも大きいのです。
怒りそうだと思ったら,
この事を頭の中に思い浮かべた上で,
それでも怒るというのなら,
徹底的に引っ張り上げて下さい。
ちなみによく怒ると叱るは違うという屁理屈をこねる方がいらっしゃいますが,
それは怒る側の理屈であって,
怒られているのか叱られているのかは,
受け手(子供)の考え方で全てが決まります。

最強の家庭教育夫婦円満です(
  • ≧m≦*)

これは統計的に見ても明らかです。
ニュースを見ていても,
夫婦円満な家庭よりも,
あまりうまくいっていない子供が犯罪を犯している事は実感できるでしょう。
もちろんこれだけで決まるわけではないので,
かなり極端な例ですが,
やはり

夫婦関係が子供の成長に多大な影響を与えることは間違いありません

私は仕事柄,たくさんの方のサイトを見させて頂きますし,
コメントを下さった方のブログはなるべくしっかりと拝見させて頂くようにしております。
ここにコメントしてくださる方は友好的な方が多いなと思っていたのですが,
改めてこの視点から見ても,
夫婦仲が良いご家庭が多く見受けられます。
そしてここに書き込みを下さる子供たちも,
とても丁寧な対応でコメントをしてくださる方が多く,
親の教育レベルの高さを子供を通じて感じることができます。
リンクやコメントのリンクから,是非見てみて下さいね☆
時々子供の本音が見え隠れして面白いです(笑)

以上です♪
もし「実践してみる!」
と思えた方は意思表示にでもクリックしてあげてください(
  • ≧m≦*)


非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

http://hatukision.blog3.fc2.com/blog-entry-65.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く