家族ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

ガマンの教え方 家族

今日のテーマは「

ガマンの教え方」。
ストレートに「“ガマンの教え方”を教えてください」とお尋ねいただく
ケースはありませんが、諸々のご相談の中で
「わがままばかり言わないで・・・できてくれたら良いのに、
 と思うのですが」
「欲しい物は手に入れないと気が済まないことが、心配です」
などのお悩みはよくお聞きしています。

子どもが、“我慢”を覚えることについて、まず大切な原則をお伝えします。
それは、親が単に「我慢することも大事」と言ったところで、
我慢を教えることはできない、ということ。
子ども自身の中で、1つの欲求に対して、それを上回る別の欲求が出た時に、
経験を通して初めて学ぶことができるものなのです。

親としては、「教えよう」「覚えさせよう」という欲を捨てるところから
スタートしましょう。
そして、子ども自身が「Aをガマンしたら、Bが手に入った!」という
経験をすることができるよう、気長に見守って適切にサポートしてあげる
ことを意識してください。

なお、この時の“経験”ですが、子どもの学びにつながりやすい経験と、
そうでない経験があること、頭の片隅に置いておいても良いかもしれません。

ポイントは2つ。
(1)Bを“手に入れた!”実感がハッキリ得られるること。
(2)AのガマンとBの入手が時間的に近いこと。

例えば・・・

<例1>
ゲームをしたいのを我慢して(A)、サンタさんにお手紙を書いた。
クリスマスにプレゼントがもらえた!(B)
この例では、プレゼントをもらえた体験の印象が強い(ポイント1)ので、
子どもの学びにつながりやすい体験になっています。

<例2>
友達の家に遊びに行きたいのを我慢して(A)、
家族で映画を観に行った(B)。
この例は、ガマンしたことと代わりに得られた楽しい体験が時間的に
非常に近い(ポイント2)ので、やはり子どもの学びにつながりやすい体験です。

逆に、効果的でないのは・・・
<例3>
食べたいお菓子を我慢させるのに(A)、
「虫歯にならない(B)ために」と説明した。
子どもにとっては、「虫歯にならなかった!」という体験が得られる
わけではなく(ポイント1が欠如)、しかも我慢の結果がいつ得られるのか
掴みようがない(ポイント2も欠如)ため、子どもの学びにはつながりません。
もし、本当に虫歯の心配のためにお菓子を我慢させるなら、
「パパが、レオくんの虫歯が心配だから」との理由を伝えて、
ちゃんと我慢できた3秒後には「あ~よかった、パパ安心だぁ!」
と言ってあげる方が良いでしょう。
(その前に、食べさせたくないお菓子は家に置いておかない、
 というシンプルな生活習慣の方が大事だったりもしますが…)

<例4>
お友達と仲良くするため(B)と説き伏せて、
自分が使いたいオモチャを我慢して他の子に貸す(A)よう促した。
この例でも、子どもにとっては「仲良くなった!」という明確な体験が
得られるケースは少なく(ポイント1が欠如)、我慢の結果がいつ得られたのか
分からない(ポイント2も欠如)ため、子どもの学びにはつながりません。
この例については、代わりの対応方法は紹介しません。
なぜなら、こういった介入自体が余計なことだから。
子ども同士の人間関係は、子ども同士で経験して、学んで、
身につけていけば良いもの。
親は、子どもを見守り、何か言ってきたらよく話を聞いてあげるだけで充分です。
~~~~~~~~
日常的に、積極的に、親が子どもに「ガマンを教える」必要はありません。
ただ、子どもにとって
『ガマン=親に言われて仕方なくするもの』ではなく、
『いくつかの欲求が重なった時に、自分で選んだものを的確に手に入れられる方法』
として身につけさせてあげたい――
との思いだけ、共有していただければ嬉しいです!

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします~♪

http://papakuro.blog56.fc2.com/blog-entry-412.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く