スポーツノウハウをみんなで自由に編集し合える!

効果的な中ロブの打ち方 スポーツ

試合の中で中ロブを上手く使うと、有利に試合を進めることが可能になります。中ロブは、普通のロブよりもボールの軌道が低く、しかもボールのスピードが速いです。シュートとロブの中間の打ち方になります。この中ロブを効果的に打つためには、相手に中ロブが来ることを悟らせないことが大切です。相手の前衛は中ロブが来ることを警戒すると、後ろに下がってスマッシュやハイボレーで対応しようとします。そうなると、中ロブの高さも高く打つ必要が出てきますし、スピードのあるボールが打つのが難しくなります。そのためには、テークバックの状態ではシュートボールを打つか中ロブを打つか分からないようにテークバックの形を同じにすると良いです。特にラケットを引いた時にラケットの位置が下がっていたりすると、簡単に読まれてしまいます。また、試合中に頻繁に中ロブを使っていると、相手の前衛にも警戒されてしまいます。基本的にはシュートボールで打っていき、ここぞと言う時に中ロブを打つと中ロブが効果的に使うことができます。

http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-639.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く