コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

Chrome タスクマネージャ コンピュータ・インターネット

GoogleChrome(ダウンロードはこちら)はブラウザの中でも使い勝手が良いので個人的に気に入っているのですが、使っているうちに重くなってきたりとか気になる点も出てきました
今回はそんな場合に何が原因なのか推測するための手段として、そのうちのひとつをご紹介します
GoogleChromeにはデフォルトでプラグインやタブが使用しているメモリの量やCPUの占有率を表示してくれる「タスクマネージャ」機能がついています
①「タスクマネージャ」の表示のしかた
ブラウザ右上のレンチのマークをクリック
「ツール」内の「タスクマネージャ」をクリック
※ショートカットも用意されています(Shift+ESC)


②「タスクマネージャ」の内容
左から「メモリの使用量」「CPUの占有率」「ネットワーク(通信)のデータ量」「FPS」の項目が表示されます
FPS(Frames Per Second)はフレームレートのことで1秒間あたりの画面の処理数です


今開いているタブやプラグインがどの程度自分のPCに負荷をかけているか確認できるので、ブラウザのフリーズ等の原因をある程度推測する参考にできると思います
ここで各プロセスを終了することもできるので、プラグインを切ってみて状態を確認したりできます
※ただし、共有プロセスが存在する場合もあるのでよく分からないプロセスは切らない方が良いと思います
http://0406sabu.blog.fc2.com/blog-entry-859.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く