コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

IPアドレスを偽装する方法 コンピュータ・インターネット

自分の、会社名や、学校名や、地域や管理者の連絡先などを知られたくない場合に、IPアドレスを偽装することができる方法がある。
また、掲示板サイトなどでホスト規制されてしまった場合もIPアドレスを偽装すれば
ホスト規制を回避することができる場合もある。

1.偽装するIPアドレスとなるプロキシを探す
 (http://www.cybersyndrome.net/

2.インターネットエクスプローラーのメニューバーから、
  ツール→インターネットオプション→接続タブにある"LANの設定"をクリック



3."LANにプロキシサーバーを使用する
 (これらの設定はダイヤルアップまたはVPN接続には適用されません)"のチェックをオン
4."アドレス"の空欄に1で選んだプロキシの IPアドレスを入力
  "ポート"の空欄に1で選んだプロキシのIPアドレスに対応するポートを入力



5.OKをクリック

これでIPアドレスは偽装されたはずである。
診断くんで確認しよう。
成功していれば、REMOTE_ADDRがプロキシのIPになっているはず。

※串(プロキシの隠語)は生ものなので、しばらくすると使えなくなるものが多いです。
 サイバーシンドロームのリストにまだあるのに使えないという串も少なくないです。
 また、匿名串ばかりでなく、環境変数の一部を漏らしてしまう漏れ串、非匿名串も
 存在します。串を刺した後、は必ずどういう状態にあるかを確認しましょう。

【方法全書】
http://houhouzensho.blog110.fc2.com/blog-entry-164.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く