スポーツノウハウをみんなで自由に編集し合える!

レシーブが上手くなる5つのポイント スポーツ

レシーブが上手くなる5つのポイントを紹介したいと思います。*コンパクトなスイング

シャープなスイングスプリットステップ高い打点リラックス*一つ一つコメントします。1.コンパクトなスイングスイングの大きさでボールの距離が決まります。ベースラインで打つ時と同じスイングでレシーブを打つとどうなると思いますか?レシーブはベースラインよりも内側で普通打ちますが、 ベースラインで打つ時のようなスイングで打つと当然アウトしてしまいます。それなので、レシーブはコンパクトなスイングをすることを意識すると良いです。スイングが小さいとボールの距離は短くなります。コンパクトなスイングをするためには、テークバックを小さくすると必然的にスイングも小さくなります。2.シャープなスイングボールにドライブ回転をかけると打ったボールは落ちようとするのでアウトしません。このドライブ回転はラケットをしっかりと振り切ることで得ることができます。ドライブをかけようとインパクトのときにラケットを被せたり、打った後に手首をこねていたりする人がいますが、こんなことをする必要はありません。ボールに対してラケットをフラットにしてインパクトして、その後ラケットをしっかりと振り切れば自然なドライブ回転が掛かります。ちなみにラケットを被せたり、手首をこねたりすると、レシーブが安定しません。また、アウトになるのが怖くて中途半端なスイングをしていても、ドライブ回転が掛かりません。しっかりとラケットを振り切る(つまりシャープなスイング)を心がけてください。3.スプリットステップ相手が打つのに合わせて軽くその場でジャンプする動作をスプリットステップと言います。これを行うと一歩目が早くなります。自分の打ちやすい打点で打つためには素早く移動する必要があるので、一歩目が早くなることは大切です。これはレシーブだけでなくて、ソフトテニスの全てのショットで必要になります。もし、身につけていなければ是非この機会に身につけると良いと思います。乱打でも、ストロークでもボレーでも球出しや相手の動きに合わせてスプリットステップをするようにすると良いです。4.高い打点カットサーブのような短くてボールが弾まないようなサーブに対しては、出来るだけ高い打点で打つようにしないといけません。なぜなら、低い打点でネットに近いところでボールを打つとなると、ネットしないようにボールをすくい上げるか擦りあげるように打つことになります。このような打ち方になると相手の前衛に打つコースを読まれてしまいますし、威力のあるレシーブが打てません。もちろん、ボールがバウンドが非常に低い場合はカットでレシーブする方法もありますが、この場合もなるべく高い打点で打つようにします。5.リラックス緊張していると筋肉が硬直してしまい、動きが硬くなってしまいます。レシーブはなるべく打ちやすいところに移動する必要がありますが、動きが硬いと一歩目が遅くなったり十分な移動をする前に打たないといけないことになります。肩や上半身に力が入っているとスイングも安定しません。リラックスすることはとても大切です。緊張していると交感神経が高まり副交感が低下してしまいます。そのような時は深呼吸をしましょう。副交感神経が高まり、リラックスできます。以上、5つのポイントを紹介しましたが、最初から全てを意識して練習をすると結局どれも中途半端になってしまいます。まずは、どれか一つだけ意識してやると良いと思います。

http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-630.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く