スポーツノウハウをみんなで自由に編集し合える!

回り込んで打つ時に気をつけるポイント スポーツ

回り込んで打つときに、気をつけるポイントが2つあります。

1.ボールの追いかけ方ボールに対して最短距離で行こうとして、ボールに対して直線的に移動するよりも、半円を描くようなコースで移動した方が打ちやすいことが多いです。直線的に移動した場合、インパクトの時に打点が体の近くになってしまったり、打点が遅れてしまったりして、打点が安定しないことがあります。半円を描くように移動する、つまりボールの後ろに回り込むような感じで移動すると上手く打てます。2.なるべく速く移動する逆サイドにロブを打たれた時に、余裕でボールに追いつけるからと言ってゆっくりと移動するのは良くありません。ボールの落下点を予測して、なるべく速く移動すると良いです。理由は2つです。①高い打点で打つことができる速くボールのコースに移動出来れば、打点を落とすことなく打てるのは理解できると思います。また、ボールにギリギリ届くように移動していては、スイングに余裕が無くなります。慌ててテークバックして、慌ててスイングすれば、ミスも多くなります。②相手の前衛を牽制できる素早くボールのコースに移動して、ボールが来るのをラケットを引いて構えていたら、相手の前衛は簡単には動けません。ロブで相手を走らせるのは、相手を動かして余裕のない状態で打たせるためでもあります。ところが、素早く移動することでそのロブを余裕を持って打ち返すことになります。回り込んで打つ時には、この2つのポイントを気をつけてみましょう。

http://softtennis365.blog95.fc2.com/blog-entry-622.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く