ペット・動物ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

犬にツケ・ツイテ・アトへの教え方  ペット・動物

ツケ、ツイテに関しての指示の方法は様々な定義があって、
これが正しいのだ!と一概に言えないのです。
止まってる時に飼い主の足下に付く
歩いている時に飼い主について歩く
両方を意味するからです。
で、ぴったりくっついてなきゃイケナイ!とか言いますが
我が家のチワワにぴったりくっつかれると、蹴飛ばしてしまいます。
ママの足下に行ったら蹴られる!なんて覚えられたら元も子もないので
お散歩中に
飼い主の足下から拳二つ分位の距離を持って離れないで歩く事が出来ること
飼い主の指示で足下に寄り添えること
が出来るようになるまでの方法をお話しします。
・ツケ・ツイテの教え方
アトヘとかヒールいうコマンドで教える方もいるようです。
区別したいのであれば、
飼い主の足下に付くのと、付いて歩くのでコマンドを2分しましょう。
とにかく、まずは愛犬が自分の左足元の横にぴったりくっつき
進行方向を向いて、出来ればお座りも自然としてくれるところまで目指します。

1. リードを付けて愛犬と向き合います。
  リードは少したるむぐらいで短めに持ちます



2. 片手にフードをグーで持ちます。

3. パンパンと左膝のあたりを叩いて合図をしてから
  愛犬の鼻先にグーを持っていき、「つ〜い〜て〜」と言いながら
  軽くリードを引っ張り、匂いで左側に付くように誘導します。

 ※リードは強く引っ張りすぎないで下さい。
  犬は引っ張られると引っ張り返す習性があるということと、
  自分で歩かせた方が早く覚えるという理由です。



  誘導の仕方は、「U人」です。
  わかりづらくてスミマセン。
  Uの字の軌道で誘導して下さい、と言う事です。
  ↓U人 自分の体の左の外側前方から一度後ろまで引き



   U人 犬を方向転換させ
   →



  U↑人 自分の体の左側の内側を通って左側に付けるように誘導します。



  大型犬なら飼い主の左足を後ろに引くと同時にグーの手も移動し
  左足を右足に揃えるのと同時に
  犬が左側に付けるように誘導してもいいです。
  大きくUの字を描いて犬の方向転換のスペースを取るためです。

4. そこで愛犬にお座りをさせて、
  アイコンタクトを取ってからグーの中のご褒美をあげます。



5. 出来るようになってきたら、左膝のあたりを叩いた後に言う
  ツイテの指示を短く言います。

6. 特に練習の時間とか決めずに、毎日、気の向いた時に
  ちょこちょこ教えると良いみたいです。


重要なのは、愛犬がどこにいようと、どっちに向いていようと、指示で
飼い主と同じ進行方向を向き、飼い主の側に寄り添う事です。
心理的なポジショニング、です。
あなたより出過ぎず、後ろに行きすぎず、
あなたと愛犬の適切な感覚を覚えさせて下さい。

まずはここまで。
次に、そのままツイテ歩く練習です。

・ツイテ歩く教え方

1. リードを短めに持ち、上記の方法で愛犬をツイテの指示で左側に付けさせて
  歩き出します。

2. 最初は3歩でいいです。付いたまま歩けたらお座りさせてご褒美です。

3. 距離を伸ばしていきます。
  先に行こうとする場合、愛犬の進行方向と反対方向に向きを変え
  左膝を叩いてツイテの指示を出して、やり直し。
  遅れる場合は、左膝を叩きながらツイテ、ツイテ、と言います。
  それでも遅れるならグーの手などを鼻先に持ってきて誘導します。
  一瞬でも付いた位置で歩けていたら誉めながら歩きます。
  

実際に重要な事は、愛犬にツイテ・ツケは止まってようが動いていようが
飼い主の足下!という意識を愛犬に植え付ける事だと思います。
人混み、自転車が来た時、信号待ちなど

前から人が来た!邪魔にならないように「ツイテ」
前から自転車が来た!ひかれないように「ツイテ」
信号待ち、邪魔にならないように「ツイテ」

で、実はツイテが威力を発揮するのはここからで
これが出来るようになると、普段のお散歩がスイスイなんですね。

ツイテ歩く=即脚歩行なのです。

お散歩中の即脚歩行は犬のストレスになる!というのは根拠がないそうです。
我が家のチワワも匂い嗅ぎたい!とかうんち!とかおしっこ!
の時は止まってあげるとして、それ以外は殆ど常に即脚です。
でも、楽しくお散歩出来てます。

なので、ツイテ!と指示する事は実は殆ど無かったりします。
ちょっと離れてきたかな?という時にたまに指示するぐらいです。

さっき心理的なポジショニング、と言いましたが、
ツイテ歩くが通常になると、愛犬は

あなたの足との距離を意識して歩けるようになります。

と、引っ張り癖も無くなるし、曲がろうとしてもちゃんと付いてきてくれます。
これを極めるのが、競技会やショーなんですね。
いかに美しく飼い主の足下にツイテいられるか!
そこまでしなくても、お散歩は十分楽になります
(
  • ^_^*)



じょうずにできたでち!

引用元URL:http://angelochiwawa.blog109.fc2.com/blog-entry-91.html#more


誰でも確実に犬のしつけをマスターする方法はコチラ
⇒ http://inunoshituke8.sblo.jp/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く