ペット・動物ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

犬にフセの教え方  ペット・動物

フセは、犬が長時間待つ時などに命令します。
子犬にフセを教えるのは結構大変です。
犬はお腹を地面に付けるのを嫌がるので(^_^;)

ここではカラーとリードを使ったオーソドックスなフセの教え方を書いてますが、小型犬に限り、私がチワワに教えた遊びながらのフセの教え方をチワワ専門道場の方でお教えしますね。

では、フセの教え方です

カラーを子犬の首に付け、リードとのつなぎ目ががあご下に来るようにし、リードを短く持ちます。持ち方は、手のひらを下に向けられるように、手の回りにぐるっと一周させてから親指と人差し指の間に挟んでおくといいです。

1.「フセ」と言いながら片手で持ったリードを下に引っ張り、
 もう片方の手で子犬の両前足を前方にずらします。
 この時リードを持った手は、低く地面に手のひらをかざすようにし、
 子犬の目の前に来るようにします。(後々手信号の役割をします)
 抵抗しても頑張ってお腹を付けさせましょう。

2.お腹が付いたら、暫く子犬をそのままの姿勢にしながら背中をなぜて落ち着かせます。

3.1.2を繰り返し、フセを覚えてきたらリードをはずし、
 小さくちぎったフードを指の間に挟んで匂いをかがせ、
 手信号の「フセ」と共に命令しましょう。

4.出来たら褒めてフードをあげます。

この場合もお座りの教え方同様、フードをたまにはずすなどしてご褒美を上げる回数を減らしていきます。

あまりぐいぐい地面に押しつけようとすると不信感を抱かれますので、根気よく優しく教えましょう
(

  • ^_^*)


引用元URL:http://angelochiwawa.blog109.fc2.com/blog-entry-18.html#more


誰でも確実に犬のしつけをマスターする方法はコチラ
⇒ http://inunoshituke8.sblo.jp/

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く