健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

アトピーの入浴方法 オートミールとベーキングソーダ入浴法 健康

アトピーの人が色々と悩んでいること・・
それは入浴ですよね。
あのかゆみは本当に皮膚をはぎとりたくなります。

入浴時、または入浴後は猛烈なかゆみです。
少しぐらい、軽くなら。。とポリポリ湯船で掻いたら、
どんどんかゆみが広がっていく・・・

気がつくと広範囲までかいている状態・・・
さらに気がつけば湯船には自分の掻いた皮膚の皮が
無残にもプカプカ浮いている・・

アトピーの人の入浴は本当に地獄です。
しかし、アトピーの皮膚は菌に敏感なので、
清潔な皮膚の状態にしなければいけないので、入浴は必須。
このジレンマがいつもアトピーの人を苦しめます。

今日はアトピーの入浴方法について

オートミールとベーキングソーダの入浴方法について

オートミールとは:wikipedia

ようするに、つぶしたオート麦です。
使用するオートミールは日本製だと
化合物が含まれているので、アメリカ製のものを使用する。
コストコで安い値段で購入。
コストコは通販もやっていますので、検索して下さい。

カップ半分ぐらいを綿のくつ下に入れ、上をそのまま結び、
お風呂のお湯の中で白い液からネバネバするまでモミモミ、モミモミ!!

これが皮膚に最高の成分なんです。


なぜか?

それは主な成分が、
プロテイン、グルテン、ビタミンB群、
ビタミンE、ケイ酸 カルシウム などなど。
ビタミン、ミネラル、鉄分、食物繊維など。

特にビタミンE、ケイ酸、プロテインは繊細肌の保護や肌荒れ、
かゆみに抜群の効果を発揮します。

欧米ではオーガニックコスメやソープなどのスキンケアに
広く使用されていることでも有名です。


顔にもパックするように軽くつけてオートミールパックもお勧めです!

最後は、洗い流さないのをおすすめします。
そのままの状態です。

これにプラスして、一緒のお湯に、料理にも使われる、
ベーキングソーダ(重曹)もカップ半分ぐらい入れて下さい。

ベーキングソーダは、
アトピー、乾燥肌、湿疹、皮膚疾患、肌トラブルなどに
効果があります。

このベーキングソーダも「合成」と「天然」がありますので、
絶対に天然を使用する。
こちもコストコや自然食品店で買えます。

アメリカのベーキングソーダって、アルカリ度の高い、
天然物なので、地球、人、お肌を『綺麗』にし、
体にもとても有効な、自然の粉らしいです。


そして、最後に、これら湯船を流さずに、この湯船のお湯に
フェイスタオル、または大きなガーゼに染み込ませ、
ラッピングします。
先日お話したウエットラッピング法を組み合わせます。
(※ウエットラッピング法)

更に更に、先日お伝えした温冷浴もプラスしていきます。
(※温冷浴)

アトピーの入浴の連続技です。

アトピーの入浴は本当に色々とトライアンドエラーです。
どれが自分に合っているのかしぶとく、粘り強く試していきましょう!

長期戦ですので。

この方法を試すか、試さないかは、あなた次第です。

引用元URL:http://hihusikkan.blog100.fc2.com/blog-entry-16.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く