コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

名入れ封筒を自分で作る コンピュータ・インターネット

せっかく導入したパソコンや周辺機器を活用することで、経費節減をしたいというのが経営者の皆さんの目指すところだと思います。
もちろん私もその一人です (^_^;
事務処理などで使う帳票類を効率的に作成することももちろんですが、現在外注している仕事を社内で行えればずっと安く済むことは沢山あります。
今回ご紹介するのは、名入れ封筒。
「封筒を自作?」と思ってしまうとりびっくりするかもしれませんが、実際はプリンタで「名入れ」の所をプリントするだけです。
最近のプリンタは家庭用の小さなものでも封筒の印刷を綺麗に行えるようになっています。
別に特別なことは全く無くて、普通紙と同じようにトレイに入れて用紙設定をして印刷するだけです。
(プリンタの種類によっては手差しトレイなど指定されたところしか使えないものもありますので、プリンタの説明書を確認してくださいね)
印刷するのに使うソフトはWordです。
ページ設定に用紙サイズとして「長3」「長4」などの日本の封筒の規格もあるので便利です。
余白のサイズを印刷したい位置に合わせて調整してしまうとレイアウトが楽にできます。



住所だけでなく「請求書在中」などといったスタンプの分も印刷してしまえば、さらに手間が省けますね。


私が愛用しているのは窓付き封筒。
これだと、送り状の左上にあて先を印刷すれば、そのまま送ることができるので楽々です。
(その方法はまた次回にでも…)
ちょっと価格を調べてみました。(翌日来るので有名なA社)
名入れ印刷無し50枚3,000円弱300円前後500枚7,500円程度2,800円程度※同一品質の窓空き長3封筒
印刷するものなので、一度に頼む枚数が少ないほど単価にした時の金額に差が出てきます。
一月に何十~何百枚も使われる事業所様ならば印刷に頼んだほうが良いかもしれませんが
そこまでではないよ、というところでは自社で印刷したほうが経費も節減できますし、
大量に発注した封筒をいつまでも保管しておく、というリスクも抱えずにすみますね。
  • -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ワンズ・ワンでは法人様や商店様向けにパソコンの定期訪問サポートを行っております。
パソコンの効果的かつ効率的な使い方のご案内や、トラブルを未然に防ぐメンテナンスなど、
定期的なITプロの訪問でビジネスに活力を産み出します!
事業所の規模やご要望に合わせてお見積りさせていただきますのでお気軽にご相談ください。






http://wans1.blog75.fc2.com/blog-entry-47.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く