ペット・動物ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

【金魚の病気..処置方法&使用薬】=(我が家の場合) ペット・動物

■ 
現在..このブログには!!
以前..本館ブログに掲載したことのある【金魚飼育について】私の経験から「重要だ!!」と思う内容を..抜粋して..内容を充実させ直して!掲載しております。(でも!あくまでも..私の経験からのことなので!..ご参考程度に!!^^;)
しばらくは..その抜粋記事が続くと思うのと・・・既に「本館」にて読んでくれてる方も居るとは思いますが..抜粋記事の掲載が終わっても..後々「重要だなぁ!」って思う経験談など・・・つぶやく形で!..皆さんにご参考にして頂けるんじゃないかと思うことを書いていきます。

◆ 今回の更新内容は..【金魚の病気..処置方法&使用薬】 です!


私の常備している【治療薬】と【塩水浴用の塩】の紹介と!..写真の下に「どんな病気の際に使ってるのか?」「使い方と効果は?」を記載してあります。

● 【薬浴用】
? アグテン「マラカイトグリーン水溶液」
? グリーンFリキッド
? 観パラD
? イソジン(うがい薬)
? 鷹の爪(唐辛子)

 



 



● 使用用途
? 【アグテン「マラカイトグリーン水溶液」】
白点病/尾ぐされ病/松かさ病/赤斑病(充血)/水カビ病/鰓病/鰓ぐされ病/穴開き病/外傷/卵の殺菌..etc...
水量に合わせた使用量を注入・・・約2〜3日もあけば!上記の中で「白点病」と「尾ぐされ病」「水カビ病」は完治してしまいます。
その他の病気については..約1〜2週間の薬浴で..完治も見込まれます。
水草を取り出さなくても使用できて!..治療後の水換えの必要も無く!便利です。
でも..念の為に!治療後は..全量の水換えと..濾過ウォールマットの洗浄を..お薦め致します。
薬浴時は..活性炭等の..薬を吸着してしまう濾材は..濾過器から取り除き..ウォールマットだけの濾過にします。

? 【グリーンFリキッド】
白点病/尾ぐされ病/赤斑病(充血)/水カビ病/鰓病/穴開き病/外傷..etc...
グリーンFリキッドは..上記アグテン「マラカイトグリーン水溶液」の補助的に使ってます。
私の場合は!..エロモナス菌に因る「穴開き病」や..「外傷」の場合に!..水に溶かすのではなく!..直接傷口に塗る方法で使用してます。
治療から..完治までに..約2週間程度を要しますが..その間..最初の1週間に2回塗ります。
傷跡はなかなか消えませんが..約3週間程で..傷跡も完治してます。

? 【観パラD】
松かさ病/鰓病/穴開き病/鰓ぐされ病/赤斑病(充血)..etc...
この薬は特に!..エロモナス菌に因る「穴開き病」と..「松かさ病」にも..水量に合わせた量を注入して使用してます。
「穴開き病」だと..「グリーンFリキッド」を..直接傷口に塗るのと併用で..約1週間の薬浴をさせてます。
薬浴時は..活性炭等の..薬を吸着してしまう濾材は..濾過器から取り除き..ウォールマットだけの濾過にします。
1週間の薬浴後..ほぼ全量の水換えも行い..濾過ウォールマットも..菌を洗い流す意味で!洗浄を行います。
でも..「観パラD」を使用した薬浴は..水が観パラDで臭くなるのが難点です。^^;

? 【イソジン(うがい薬)】
尾ぐされ病/水カビ病/鰓病/穴開き病/外傷..etc...
この「イソジン」の使用は..上記病気の際に..約6Lの水量に「5滴」を注入して!..約5分間の薬浴をさせた後に..中和させた新水で!..その他「アグテン等」の薬浴を行います。
「穴開き病」だと..グリーンFリキッドと同様に..直接傷口に塗る場合もあります。
要するに!..消毒って感じで使用してます。

? 【鷹の爪(唐辛子)】
主に!白点病の治療。
私の場合だと..水槽内の1匹が..白点病になったとしたら!..感染力のある病気なので!..水槽全体を「アグテン薬浴」or「鷹の爪浴」を行ってまして!..殆どは「アグテン薬浴」で事が済むために..滅多に使用しませんが..「鷹の爪浴」でも..白点病は..治療日数は1週間くらい必要になりますが..効果はあることも確認済みです!
でも「アグテン薬浴」とは違い..「鷹の爪浴」後は..約全量の水換えが必要になります。
60L水槽でしたら..鷹の爪を3〜4本!..種を取り出して..お茶のパックに入れて使用します。


■ 【備  考】

「たまや観賞魚」店のご主人に聞いたところ!「カンパラD」や「エルバージュ」を使わなくても..「アグテン(マラカイトグリーン水溶液)」これ1本あれば..初期の殆どの病気には対応出来るし!..効きも良く!..金魚への負担も少ないとのこと!
私も..色んな病気に使ってみましたが..万能薬だと実感して!常備してます。


ただ..中度以上の病状に進行してしまってる場合は..その病状に応じた投薬が必要になるかと思います。
でも「白点病」や「尾ぐされ病」なら..かなり進行してても..アグテン薬浴だけで!2〜3日あれば回復してしまいます。


今後..薬を買う予定のある方は・・試す価値ありです!^_^


上記薬浴以外にも..【松かさ病】や【腸まん】の治療方法として..ココアの粉末を煉って粒状にした「ココア餌」を与えるて..脱糞を促す方法もあります。
その他..「ひまし油浴」の方法も..【松かさ病】や【腸まん】の際に..脱糞を促す方法も有効ですね。


産卵期で..たまにメスが「卵詰り」を起し★になってしまう場合があるのですが!..この場合にも「ココア餌」や「ひまし油」も効果があると思います。
一番良いのは!..別水槽で..元気なオスと2匹だけにして!..放卵を促すのがベストですけど..最悪は..搾り出してやることも必要になってきます。


● 【塩水浴用】「食塩」
     




色んなサイトで..塩水浴のことを検索してみましたが..偶然か?以前から..純度等から選別して使ってた..この「塩事業センター」の「食塩」が【塩水浴】には..一番良いみたいです。
  • ^_^*



私が「塩水浴」を行う状況としては..基本的に!・・・上記の全ての「薬浴」を行う場合に..併用して「塩水浴」も行う場合が多いですね。


【赤斑病】の「充血」だけの場合は..「塩水浴」だけで治療し..約1週間「0.5%の塩水浴」にて完治もさせてます。


【鰓病】の場合には..初期症状の時は「0.5%」・・・中度の時は「1.0%」・・・重度の場合は..限界濃度の「1.5%」まで濃度をあげる場合もあります。
この「1.0%」以上の塩水浴を行う場合..塩分濃度が高いために..尾鰭や鰭が溶ける場合がありますが..【鰓病】等の病気を治すのが先決!..病気が完治して..新水に戻して日数は掛かりますが..鰭は自然と回復してくれます。
「1.0%」以上の「塩水浴」を行う場合は・・・塩水浴の日数を短くする必要もあります。
「1.0%=約4日間まで」「1.5%=2日間まで」・・・その後は..「0.5%」まで濃度を下げます。


稚魚や幼魚(4〜5cm以下)で塩水浴を行う場合は..「0.5%以下」の「0.3%」くらいで行う方が..弱らせることも無く良いと思います。
「薬浴」させる場合も!..通常(成魚)に使う量を「100%」とした場合..小さい魚体には「70〜80%」と..薄めにした方が無難だと思います。


● 【ココア浴/ココア餌用】「純ココア」

 


この純ココアの..治療に際する使用用途(治療病種)については..主に..「松かさ病」/「消化不良」/「転覆病/撃沈症/逆立ち症」等に使用します。
ココア浴/ココア餌の作り方〜治療方法〜注意事項については..右サイドバーの「ココア浴/ココア餌」の項目からご参照下さい。


以上..ウチで発生した病気については..こんな感じで治療しております。
病気の治療法方につきましては..基本的に..どこのサイトを確認しても..ほぼ同じだとは思いますが..若しかしたら?もっと良い治療方法もあるかも知れませんので!..あくまでもご参考に!!^▽^;

http://papakazu.blog115.fc2.com/blog-entry-12.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く