ホーム・ガーデニングノウハウをみんなで自由に編集し合える!

柿木の剪定(せんてい)の仕方と注意事項 ホーム・ガーデニング

柿木の剪定(せんてい)の仕方と注意事項


剪定(せんてい)について情報を提供しています。剪定は整枝や枝切り、枝打ちなどと呼ばれますが、時期や樹種に適した剪定をしないと、最悪の場合気がかれてしまうこともあるので、注意しましょう。といっても、剪定をしないと気が弱るので、やらなければいけない作業なのですが。

今回の剪定のお話は、柿の木の剪定です。柿はの収穫時期は9月から11月下旬です。そのため剪定の時期は12月から3月が適した時期になります。3月よりも遅くなると、ちょっとかわいそうです。

柿木は高木ですから、放置しておくと上に伸びようとします。柿木の選定は、上に向かって伸びた枝を切るのが基本になります。これによって高くなりすぎないようにします。柿は本来高木性です。限られた空間で栽培するのは、もともと無理があります。なので、剪定する際には注意深くしましょう。

柿木の選定は、上を向いて伸びた枝を切りつめますが、弱々しい枝や風通しや日当たりを悪くする不要な枝、下向きに伸びた枝、込み合った枝、内側に伸びた枝などを切り取ります。

「桃栗3年柿8年」とよく言われますよね。柿にはちょっと変な特性があって、高木になりやすいのに、なぜか成長が遅いです。なので、最初のうちはできるだけ剪定を抑えるのが基本になります。あまり剪定をし過ぎないようにして、日当たりの悪い部分を間引く程度に考えたらよいのではないでしょうか。

実がなる前に、込み合って日当たりが悪くなった枝を、実のなる枝ならない枝ともに切り落とします。柿の木は樹勢が強いのが特徴なので、枝が立ちやすい樹種です。そのため、日当たりや風通しをよくするために、樹冠の内部も剪定するようにしましょう。剪定するのは大変ですが、この苦労が将来実になります。

柿には不思議な特徴があります。その特徴は、実をつけた枝は翌年に実をつけないのです。知っていましたか?実がつかないからいらない枝だなんて勘違いして、ばさばさ枝を切ってしまうと、翌年実ができませんよ。なので、収穫時に剪定をすることもできます。実がついている枝葉来年は実ができないので、剪定しても臭覚に影響は余りありません。逆に実がついていない枝は来年実がなるかもしれないので大切にします。残した枝の先端は、外側に向いている充実した芽のすぐ上で切るようにします。

「柿は、枝ごと折れ」とよく言われます。先端の枝分れが激しい場合は外側に向いている枝を残して、他は切り取ります。

柿の実がなる場所は、前の年に伸びた枝の先端です。ここの花芽に実をつけます。間違えてこの枝を切ってしまうと、次の年に柿の実ができません。ここは気をつけましょう。

剪定はある程度経験を積む必要があります。失敗してみれば何をしてはいけないことなのかわかります。恐れずに挑戦してみましょう。

引用元:http://tuchiv.blog65.fc2.com/blog-entry-10.html

また、コチラの情報もおすすめです。

http://bit.ly/2dI2iQV

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く