コンピュータ・インターネットノウハウをみんなで自由に編集し合える!

iPadを百円ショップの商品を使って持ちやすくするふたつの方法 +オマケひとつ コンピュータ・インターネット

店頭でiPadを触った瞬間、「重い」と感じた人も多いはず。
ですが、実際は700g前後とノートPCと比べて決して重いわけではないのです。iPadは優れたデザイン性を追求するあまり薄さを優先して持ちにくくなり、指や手首に負担がかかり重く感じるのでしょう。


今回は、百円ショップの商品を使って指や手首に負担のかからない方法をお伝えします。ちょっとした工夫で、しかも安くて簡単に持ちやすくなり快適に使えるようになるはずです。

その1
耐震マット
http://www.daiso-sangyo.co.jp/goods/index_bk7.html
耐震マットを両面テープで貼り付けるだけ。指にひっかかりをつける方法です。
置いたときの衝撃予防にもなります。
各自持ちやすくなる位置に合わせてから貼りましょう。

その2
強力吸盤タオルハンガー
※リンク先は参考です。百円ショップにも似た機能のものは売っています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B002Y0AIYC/
強力吸盤で吸い付かせ、ひっかかりをつけて持ちやすくします。
取り外しができるためわりと自由度が高いでしょう。



★オマケ
今回紹介したふたつの方法は、iPadがタッチパネルであるため片手になってしまうことで起こりうる問題への対処法でした。
両手で持てばこういう事態も起こらないでしょう。両手親指2本でカーソルを動かしたりピンチイン・ピンチアウトなどの操作ができればいいわけです。ということで、一部をタッチパッド化するアイデアはどうでしょうか。


ちなみに、こういったコントローラー部に手を加えるのは規約で禁止されているようです。
画面が大きく薄くデザイン性に優れたiPad。より使いやすくするための工夫はまだまだあるでしょう。
ワタシもiPadが欲しくなってきました。

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く