旅行ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

【簡単 火起こし】 火起こしでみなさんが間違っていること 旅行

バーベキューやキャンプの野外調理で、火起こしに苦労している人を見かけますが、
そんな人たちの多くが間違っていることがあります。

 火起こしが苦手な人のほとんどが間違っていること、
 それは以下の2点です。

 1.焚き付けを選ぶ際に、火力の大きさばかりを気にする。
 2.炭や薪に火が着く前に、あおぎ始める。


 前回の『具体的な火起こしの方法の前に』でも書きましたが、
 火が着くのに大切なのは、燃やしたい物が燃える温度に達することです。
 では、炭や薪の温度を、火が着く温度まで上げてやるためには何が大切でしょうか?


 まずは焚き付けについて考えましょう。
 失敗する人の多くは1でも書きましたが、焚き付けの火の大きさにこだわります。
 でも、本当に必要なのは、火の大きさよりも燃えている時間なのです。
 焚き付けは、炭や薪の温度が上がって火が着くまで、十分に火を当て続けることができる物を選ぶことが
 大切なのです。

 皆さん、焚き付けによく新聞紙を使われていると思いますが、その新聞紙はどういった状態で使われていますか?
 よく燃えるように、ふんわりと握ったような状態で使用していませんか?
 それでは確かに大きな火は得られますが、炭や薪に火が着く前に新聞紙が燃え尽きてしまうのです。
 では、どうすれば?
 そう、新聞紙を焚き付けに使う場合は、
 1度新聞紙を広げ、それを固く絞ったものを使用するのです。
 そうすれば、あまり大きな火にはなりませんが、長い間燃え続けてくれますので、
 焚き付けとしてはこちらの方が有効に働いてくれます。
 固く絞るのであれば、わざわざ一度広げなくても、折りたたんだまま使用しては?
 と考える方もいらっしゃると思いますが、それでは今度は火がきちんと着かなくて
 やっぱり焚き付けとしては不十分になってしまいます。

 でも、本当は焚き付けに新聞紙を使うことはあまりお勧めしません。
 何故なら、紙を焚き付けに使うと灰が多くでるため、
 せっかくの料理が灰だらけになってしまうからです。

 では、何が焚きつけに向くの?
 それは、次回以降で色々と紹介していきましょう。



 次にあおぐについて考えましょう。
 これを誤っている人を本当に多く見かけます。
 確かに物が燃える為には多くの酸素が必要ですが、それはあくまでも燃えている物に対しての話です。
 火が着いた薪や炭をあおぐことは、火を大きくするためにはとても有効ですが、
 火が着く前の炭や薪を一生懸命あおぐことは、
 せっかく炭や薪に当たっている火を揺らしてしまい
 温度を上がりにくくするばかりでなく、
 温度が上がりかけた炭や薪自体の温度を下げることにもつながります。

 つまり、大切なのは、
 炭や薪に火が着くまでは、絶対にあおがないことなのです。
 あおぐのは、炭や薪に着いた火を大きくする場合だけ、
 つまり火が着いたあと
なのです。

 えっ?それでは、炭や薪に火が着く前に焚き付けの火が消えてしまう?
 それは焚き付けの選び方や、使い方を見直すべきことであって、火が着く前にいくらあおいでも
 何も問題は解決されないのです。

 今回はちょっと長くなってしまいましたが、次回からは具体的な火起こしの例を
 幾つか紹介したいと思います。


 引用元URL: http://gotocamp.blog129.fc2.com/blog-entry-11.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く