ホーム・ガーデニングノウハウをみんなで自由に編集し合える!

正しい」植え方 ホーム・ガーデニング

 いろいろな本や雑誌に基本の植え方がすでに載っていますが、あえて、私が正しいと思う植え方、どこをポイントとするのかを記録していきたいと思います。
用意するもの:
深型のプランター、、、これは別ページでご紹介しました菜園上手プランター 63

下線文型N これはおススメです。
培養土、、、、、これも別ページでご紹介しましたみかどポット用有機培土
有機質の肥料、、、これは東商 おまかせ 超醗酵油かす肥料 5kg 中粒 蘭の肥料にがおススメです。
なお、鉢底石は必要ありません。
好きな苗
植え方:
  • プランターの底に培養土を2~3センチくらい入れる。肥料を2つかみ位入れる。絶対にかきまぜない。土を足していく。もう一度繰り返していうが、肥料と土をかきまぜない。土が7分目まで入ったら、苗を植える。その時、苗の根を動かさない。花苗の場合は根を切ったりもんだりするが、野菜苗の場合は根を動かさない。切ったりしたらもってのほかであります。苗の土の位置より少し深めに埋めて、軽く土を抑える。水を与える。背の高い物は支柱を立てる。葉物は不織布をかける。5日ほどは直射日光を避けて明るめの場所で育てる。有機質の肥料は1カ月で肥効が切れてくるので毎月与える。鉢の四隅に埋めこむ。以上。*

なぜ、鉢底石が必要ないのかといいますと、
 せっかく、深型のプランターを選んだのに鉢底石を入れると鉢底をあげたのと同じになります。
鉢底石には根が伸びないのです。意味がないので、使っていません。
 そして、植えつける時の一番のポイントは根に肥料を近づけない。という事です。
 いちど、比較してみてください。
①肥料と土を混ぜ込み、10日ほど置いてから植える方法。(本に書かれている方法)
②私のこのお勧めの方法。
全く違ってきます。

 これは、根が最初から肥料に触れてしまう事から最初から肥料やけをおこしてしまうからです。
そのことで、虚弱体質になり、病害虫に弱い身体を作ってしまいます。皮肉っぽく言いますと、その後その方は困って農薬を買いに来てくれます。それが、ねらいなんでしょうか。変な植え方を教えているのは。

http://masakonouenntuusinn.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く