家族ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

道理か?人情か? 家族

これまで当ブログや私のメルマガをお読みいいただいている方は、
子どもに対して何かを言う時のスタイルとして、私が

「(命令や、評価ではなく)淡々と事実を伝える」
ことを何度もお勧めしてきたことをご存知かと思います。
さてその“事実”ですが、子どもによって理解・共感しやすい種類の
“事実”と、そうでないものがあります。
その“種類”は大きく2つに分けられます。
それぞれを仮に『理論タイプ』『感情タイプ』と呼ぶことにしましょう。

各タイプの違いを示す事例として、子どもが家の中で
ボール投げを始めて、親は「危ないからやめて」と
言いたい状況を考えます。
理論タイプの子どもが理解しやすい言い方は
「家の中でボールを投げると、窓ガラスに当たることが
 あるんだ。ボールが当たると、ガラスはとても割れ
 やすいんだよ」
といった具合の“物理的な事実”の説明。
一方、感情タイプの子どもが受け止めやすいのは
「家の中でボールを投げているのを見ると、ガラスが
 割れるんじゃないかとパパは心配だなあ」
といった“人の感情についての事実”です。

他にも、
・電車の中で騒ぐとき
→[理]「電車の中で騒ぐと、周りのお客さんがビックリ
     してしまうんだよ」
→[感]「電車の中で騒ぐと、周りのお客さんをビックリ
     させてしまってパパは申し訳ない気持ちになるよ」
・食事の後、食器を下げるのを忘れているとき
→[理]「テーブルにお皿とお箸が残っているよ」
→[感]「テーブルが片付かなくて残念。お皿がなくなって
     キレイになったら嬉しいな♪」
・固いオモチャなどを持って、友だち/きょうだい/親を
 叩こうとしたとき
→[理]「固いもので人を叩くと、思ったより大きな
     ケガをすることがあるよ」
→[感]「固いもので叩かれそうになるとすごく怖いなぁ。
     叩かれたらものすごく痛いと思うよ」
どれも似たようなパターンなので、コツを掴むのは簡単だと思います。

なお、ひとりひとりの子どもがどちらの言い方を理解しやすいかに
ついては、どちらのタイプに属するか瞬時に判別できるような
ものではなく、そもそも必ずどちらかの『タイプ』に属するという
ものでもありません。
その子どもと接する経験を通じて、「こちらの『タイプ』の言い方のほうが、
この子は通じやすいみたいだ」との傾向として見えてくるもの。
手始めに、皆さんの身近な子どもから、どちらの言い方が
響きやすいか意識して見てみてください。
(ちなみに私のところは上の息子が理論タイプ、下の娘が感情タイプのようです。
 はっきり両極端に分かれているので、違いを見ていて興味深いです)

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします〜♪

FC2ノウハウ

http://papakuro.blog56.fc2.com/blog-entry-271.html

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く