健康ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

日本ホメオパシー医学協会への反論 健康

日本学術会議のホメオパシーに関する見解に対する日本ホメオパシー医学協会の反論への突っ込み 上記のホームページに日本ホメオパシー医学協会の反論がすべて読めます。それを読みましたが、根拠が稚拙で、論理も破綻しているところが多く、読むに耐えないというのが率直な感想です。細かい突っ込みは入れようと思えばいくらでも入れれますが、そうなると膨大な量になってしまうので、主要な部分(ホメオパシーのメカニズムと効果判定)のところのみ詳しく突っ込んでいきます。
1988年に「ネイチャー」に掲載されたベンベニスト博士の論文「高希釈された抗血清中の抗免疫グロプリンE(抗IgE抗体)によって誘発されるヒト好塩基球の脱顆粒化」ですでに水の記憶に関しては証明されています。

 「高希釈された抗血清中の抗免疫グロプリンE(抗IgE抗体)によって誘発されるヒト好塩基球の脱顆粒化」と長くて意味がよく把握できないタイトルですが、ホメオパシーのレメディでするような希釈をすると分子はほとんどなくなるが、その分子の記憶が水に残り、構造的変化を起こす、ということをこの論文では論じています。そして、それがホメオパシーのメカニズムとして科学的に実証されたと日本ホメオパシー医学協会は主張しているわけです。
 しかし、この論文が掲載された後、実験手続きの不備が見つかり、不備を調整したところ論文で書かれていたような結果は導き出せませんでした。不備というのは著者のベンベニストの助手であるダウナーが実験を主に行っていましたが、彼女はホメオパシー信仰者で、ホメオパシーに都合の良いように結果が出て欲しいというバイアスから結果を歪めていたというものです。すなわち盲検化されていなかったのです。その後、ベンベニスト論文を支持する研究・支持しない研究がそれぞれいくつか出されましたが、支持する研究はいずれも研究手続きの不備が多く、研究の質としては低いものばかりだったようです。これらのことを総合して、現在ではベンベニスト論文は否定されていますので、ホメオパシーのメカニズムは現段階では実証されていません。

ここで「有効性がないことが科学的に証明されています。」の根拠とされたLancetの論文については内容的にも疑義のある論文であることが各方面からも指摘されています。

 この論文はシャンがメタアナリシスの統計解析方法を用いてホメオパシーの効果を調べたものです。これまでいくつかのメタアナリシスの論文はありましたが、分析対象とする研究について質の良いものから悪いものまですべて含めて分析していました。質の良い・悪いというのは、実験計画や手続きが厳密で、中立的で、サンプルも必要数を満たしており、脱落などの否定的結果も誠実に記述している、などによって判定されます。例えば、同じような研究でもランダムサンプリングされているのとされていないのとでは絶対的にランダムサンプリングされている研究のほうが信頼性・妥当性は高いのは当然です。こうして、質の悪い研究をふるい落とし、質の良いものだけを集めて総合的に分析したのがシャンの論文です。そしてシャンの論文ではホメオパシーの効果は極わずかでプラセボとほとんど変わらないと結論しています。
 そして、日本ホメオパシー医学協会はこのシャンの論文に不備があると言っているのです。どういうところに不備があると言っているのかというと、主に以下の4つがあります。
1.この論文でもわずかだが効果はあるといっている。
2.シャンのふるいのかけ方にバイアスが掛かっている。
3.個々の病気を対象にしていない。
4.個別化を大切にするホメオパシーは大規模な臨床試験には馴染まない。
 しかし、よくよく考えるとどれも的外れな批判に過ぎません。
1.効果がわずかなためプラセボとの違いが見出せない。
2.シャンはメタアナリシスに入る前にふるいにかけているのでバイアスが掛かっているとはいえない。
3.個々の病気・症状を対象にしたとしても、いずれも効果があるという根拠は得られていない。
4.いずれの臨床試験でもベテランのホメオパス(ホメオパシーを施術するセラピスト)が個別化のための聞き取りを行った上でレメディを処方している。
 また、シャンに対する批判的な論はほとんどがホメオパスらによるもので、それこそ中立性が保たれていないものであると言える。すなわちバイアスのかかった反論である。これらのことからシャンのメタアナリシスは現在のところもっとも包括的な研究であり、それによるとホメオパシーの効果については否定的なものであると言える。さらにコクラン共同計画という利権団体などからは完全に独立している医療を評価する団体があるが、ここもホメオパシーに対して系統的なレビューを出し、ホメオパシーに対する効果には否定的な結論を出している。

以下にHPに二重盲検法に基づきホメオパシーの有効性を示す論文がありますので参照してください。

 といくつかの研究をアップしています。しかし、研究の質を決めるのは二重盲検法だけではなく色んな要因を総合的に検討して決めます。一度結果が出たからといってそれで終りではなく、繰り返しの追試が必要です。そして、質の悪い研究が100とか200とか数が多くてもそれはエビデンスの積み重ねにはなりません。もちろん、「治った」という体験談も同様です。シャンの研究ではそういう質の良い研究だけを分析しており、そこではホメオパシーの否定的な結論が出されています。
 上記2点(ホメオパシーのメカニズムと効果判定)が重要項目と思いましたので、重点的に突っ込みを入れました。その他にも突っ込みどころは満載なので、簡単にやっておきます。
 日本ホメオパシー医学協会の反論には、「治った」という体験談が多く、歴史も長い、ということを効果アリの根拠としていますが、その両方とも根拠とはなりません。体験談は単なる体験談であり、プラセボや思い込みの域を出ないものです。そういうものをいくら積み重ねても根拠とはなりません。また歴史が長いことも根拠にはなりません。何千年も続いている根拠の無い施術はいくらでもあります。
 さらに、ホメオパシーはお金が掛からず、安全性も高いとしていますが、レメディの中には何十万円もするものもあるそうです(ここはまだ確認中)。安いものでも繰り返し使えばそれなりの料金になります。安全性についても、レメディの中には分子が1つもないので、直接的な害にはなりませんが、ホメオパシーに頼ることで必要な医学的処置を受けることが出来なくなり、間接的に害になってしまいます。なので、自己決定権を盾にして、ホメオパシーを受ける権利を主張することは暴論と言えます。
 さらには「ホメオパシーは副作用が無い。現代医療は副作用がある」といった論もあまりにも画一的で観念論にしかすぎません。また、副作用を主張することで間接的に現代医療に不信感を国民に植え付けようとしているように思えます。効果のある医療・薬剤は副作用もあります。それは仕方の無いことです。しかし、副作用を恐れて効果のある医療・薬剤を使わないとすれば、もっと悪化します。要は効果と副作用とを天秤に欠け、必要なものを必要なだけ使うことが必要なのではないでしょうか。例えばX線はすることにより確かに発ガンの確立が0.6%上昇します。しかし、それをもってしてもあまるぐらいX線による診断や健診を行う価値が高いのです。
 ただ、山口県のレメディを投与し、ビタミンKを与えずに乳児が死亡した件については日本ホメオパシー医学協会が言うように裁判中のことであり、事実関係が争われているところです。それが明らかになるまで待つというのは分かるような気がします。ホメオパシーが直接の死因かどうかの事実認定(多分レメディは単なる水・砂糖なので死因にはならないだろうが)。ホメオパスの助産師がビタミンKやレメディの正確な情報を提供していたか否かが争点になっているのではないかと思います。また、今までどうだったか分かりませんし、各ホメオパスの思想がどうなのかも分かりませんが、日本ホメオパシー医学協会では「現代医学を否定しているわけではない」というところは了解するところかもしれません。

http://purely0307.blog79.fc2.com/blog-entry-323.html
関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く